カーリング女子の「韓国のいちごおいしい」発言の裏事情

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
平昌オリンピックでカーリング女子が「韓国のいちごおいしい」とコメントをしたことがネット上で大きな話題を呼んでいます。

後半戦の作戦会議と、栄養補給を兼ねてフルーツを食べる姿が「もぐもぐタイム」と呼ばれており、そこで食べたいちごに対して「韓国のいちごはおいしい!」とコメントをしているのです。このコメントだけを見るとなんとも微笑ましく思えるのですが、その背後にある実態を知ると、なんとも複雑な気持ちになってしまいます。

 

日本のいちごはこうして流出している

過去の記事、韓国や中国に狙われる日本のフルーツをどう守るのか?

でも詳しく書きましたが、今いちごを始め、様々な日本のフルーツが韓国に流出していることが大きな問題となっています。

農水省の調査によると、韓国のいちご栽培面積の9割以上が日本の品種を基にしたものといわれています。これまで「とちおとめ」「レッドパール」「章姫」といった日本を代表するブランドいちごが無断で持ち出され、韓国で勝手に交配されて「雪香(ソルヒャン)」「梅香(メヒャン)」「錦香(クムヒャン)」というブランドが勝手に作られ販売されています。

こうした問題を見て「なぜ日本のフルーツが流出してしまうのか?簡単に流出させてしまうなんて脇が甘いのではないか!?」そんな疑問と憤りを感じるのではないでしょうか。しかし、流出経緯を知るとそうは責めきれない部分があることがわかります。

2013年6月に放送されたニュースJAPANの番組でその流出経緯が明らかにされています。愛媛県のいちご農家・西田朝美さんはレッドパールを6年間かけて開発しました。新品種の栽培というのはものすごく大変な作業で、レッドパールに限らず、開発には数年、時にはそれ以上かかることも珍しくありません。そんなレッドパールは皮肉にも開発者の西田さん自身から韓国人の手に渡り、2013年時点では韓国のいちご市場で8割を占めるまでになっています。

なぜ流出してしまったのか?その経緯はこうしたものです。ある日、西田さんの元へ韓国人農業研究者が訪れ、「レッドパールの苗をほしい」と懇願されたそうです。「これは絶対に渡せない!」と応じる西田さんへ「そこを何とか!」と拝み倒され、断りきれず応じてしまったというのです。しかし、さすがは西田さん、その時にきちんと書面による契約を結んでいます。その契約書には「レッドパールの苗を5年間、有料で栽培できる条件で渡す。また、契約者以外とは許諾契約しない。」ということがしっかりと書かれていました。しかし書面による契約虚しく、その後韓国でレッドパールは一気に広がり一時は8割のシェアを占めるまでに広がってしまいました。

西田さんの元へ訪れたという農業研究者の正体は金重吉(キム・チュンギル)氏です。彼はテレビ番組の取材に対して堪能な日本語で「日本のいちごよりおいしいよ」と悪びれもなく答えており、彼の本棚には日本の農業技術についての本が並んでいます。韓国でレッドパールが広がって大きなシェアを取っていることについて触れると、「知り合いに苗を譲り渡したところ、勝手に栽培したり売ったりし始めた」と金氏は説明しています。つまり、自分の責任ではないよと答えているのです。西田さんの元にロイヤリティが入ってくることは、とうとう最後までなかったそうです。

悲しいことに西田さんは2015年に他界してしまいました。いちごに人生を捧げた西田さんは、韓国のいちご係争の決着を見届けることはありませんでした…。これはあまりにも悲しすぎる結末じゃないですか。おいしいいちごを開発するのに心血注いだ西田さんの努力はもちろんムダではありません。「おいしい!」と自分が作ったいちごを頬張る人々の姿を見て西田さんは幸せだったことでしょう。しかし、その努力をドロボウ国の肥やしにされてしまった事を思うと、グツグツと腸が煮えくり返る思いです。

 

彼女たちが食べているのは日本のいちご

カーリング女子がもぐもぐタイムに食べたいちごは、元々は日本の農家が人生を捧げて愛情込めて育てたいちごを基にしたものです。これをいうと韓国は否定するでしょう。「韓国が開発して、違う名前がついている!」と。しかし、その基になった苗は紛れもなく日本のものに間違いないでしょう。

韓国はいちごの輸出ですでに日本の上をいっています。海外輸出量はなんと日本の4倍!日本のいちごを盗み、許可なく勝手に栽培して他国に売ってお金を稼いでいます。これはいうなれば他所の家にドロボウに入って、家財を売ってお金を稼いでいるようなものではないでしょうか。心血注いで作り上げたおいしいいちごで、ドロボウがお金稼ぎをしているのですから気分のいいものではありません。

 

「いちごおいしい」発言を批判する人たちへ

ネット上にはカーリング女子を批判するコメントも多く見られました。「無知って怖いね」「メダル獲得を台無しにする問題発言だ」「恥を晒している。大学で何を学んできたのか?」といったものです。

こうした心無いコメントに対して、私から怒りのコメントをさせてください。他人を批判する人たちは、自分たちが食べるものの裏の事情を全て知っているのでしょうか?ありえないですよね?韓国に盗まれたいちごがなんとも不憫で、私を含めて農家さんの頑張りを思って腹が立つのはよく理解できます。しかし、彼女たちは農業専門家ではありません。メダル獲得を夢見て努力をしてきて、何も事情を知らずに元・日本産いちごを「おいしい」と素直にコメントをしているだけです。そんな彼女たちを叩くのは明らかに怒りの矛先が間違っています。怒りの矛先はドロボウに向けるべきであって、彼女たちではありません。それに彼女たちが食べたいちごは、おいしいに決まっているじゃないですか!日本の農家さんが一生懸命作ったものですから、マズいわけがないのです。ただ、そのいちごをドロボウが「どうぞ召し上がれ」といっているのがなんとも歯がゆく、皮肉です。彼女たちはカーリングで立派にメダルを獲得するという大きな成果を上げてきたのです。見当違いな批判をする暇があるなら、これ以上日本のフルーツが流出しないための対応策を考える方が建設的だと思うのです。

契約を結んでも反故にする、純粋な日本の農家さん(西田さんの例)を拝み倒して苗を取っていく、という何でもありの状態で日本のフルーツを取られないようにする策を講じるのは簡単なことではありません。中国でもシャインマスカットの苗が流出するなど、現在でも日々発生している大きな問題なのです。

私ができることは、こうした問題を記事にして取り上げ一人でも多くの人へ伝えることです。

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

肥後庵のフルーツギフトは一般のお客様はもちろん、コンサルティング事務所経営者や有名人、研究者など社会的に上級職についている方にご利用頂いています。また、法人様も売上3兆円を超える大企業の接待手土産や芸能プロダクションのお中元、お歳暮にご愛顧頂いています。

4 件のコメント

    • 大谷さま

      コメントありがとうございます。「いいものをいい(おいしいいちごをおいしい)」と素直にコメントしたからこそ、これだけ大きな騒ぎになっていると私は思っています。紛れもなく韓国のいちごはおいしいです。問題はそのいちごが日本由来のものであり、契約に則ってロイヤリティを支払うという正規のルートを経ていないことに問題があるのではないでしょうか。

      黒坂

  • 韓国のイチゴ、日本より甘くて美味しい。しかも安いところがいい。日本でももう少し庶民に手の届く美味しいフルーツ作って欲しい。

    • 田中さま

      コメントありがとうございます。どちらのいちごが甘いか?おいしいか?という点については、データがないと断言は難しいでしょうね。しかし、人件費の違いがありますから、韓国いちごの方が値段が安いかもしれませんね!

      黒坂

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

    フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

    >>>プロフィールを詳しく見る