日本にあるパイナップルの80%がフィリピン産、その理由を見ていって!

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
この間、近所のスーパーへ行って驚くことがありました。「国産(沖縄産)のパイナップル!!」というポップがついているのを見たからです。国産のパイナップルがあった事は知っていましたが、まさか近所のスーパーに置いているとは思いませんでしたね!

奥様!ちなみにお値段はこのようになっています!!

海外産(フィリピン):398円
国 産(沖縄県産) :798円

と国産と海外産は2倍の開きがありました。

さて、ところであなたは国産のパイナップルがあるということをご存知でしたか?何が違うのか?味はおいしいのか?値段分の価値はあるのか?こうしたことが気になるかと思いますので、これから数回に渡ってお話したいと思います!

 

日本のパイナップルの80%がフィリピン産

 

パイナップルの世界シェアはコスタリカ、ブラジル、フィリピンといったトップ3で約30%を占めます。

「うーん?でもコスタリカとかブラジル産のパイナップル見たことないぞ…?」

と思われたあなたの感覚は大正解!確かに世界シェアでは、コスタリカとブラジル産はメジャーですが、実は日本国内に流通する海外産パイナップルの80%がフィリピン産となっています!!

世界パイナップル生産量ランキング(2014年)

順位国名生産量(トン)
1コスタリカ2,915,628
2ブラジル2,646,243
3フィリピン2,507,098

出典:グローバルノート

ちなみに日本国内のパイナップルのシェアは、海外産が99%、国産が1%という状態です。あなたがスーパーへ行った時に目にするパイナップルは、その99%が海外産なわけです。ちなみに1%の国産パイナップルはすべてが沖縄県産です!

 

日本のパイナップルのほとんどがフィリピン産である理由

ここでフッと疑問が湧いてきませんか?

「日本に入ってくるパイナップルにフィリピン産が多いのってなんでー!?」
「なんでパイナップルってほとんどが海外産なんだろう??」

と。黒坂なりにこれらの疑問に対する答えを次のように考えてみました(多分合ってるけど、もしも間違っていたら優しく教えてください 笑)。

まず、日本に入ってくるパイナップルにフィリピン産が80%と圧倒的に多い理由ですが、これは至極単純な話で物理的な距離が関係していると思います!

ブラジル - 東京
17,387km

コスタリカ - 東京
13,231km

フィリピン - 東京
3,113km


どうでしょうか?コスタリカとブラジルが日本からいかに距離があるのかご理解頂けたと思います。地球の赤道の距離が40,075kmですので、「ブラジル-東京」間なんて赤道の半分近く距離がありますからね!

反面、フィリピンは思ったよりも近所なんですよね!稚内市(北海道)から石垣島(沖縄県)の直線距離は約2,830kmくらいなのであまり変わりません。こうしてみると日本とフィリピンの距離って、思った以上に近いと思いませんか?

海外から輸入している果物の多くは船便です。距離が近ければそれだけ輸送料も節約でき、スーパーでの販売価格も安くできますからね!

黒坂の出した結論、「フィリピンは日本から物理的に近いからそれだけ日本での流通量も多いと思いますまる」というものでした。

 

熟成度10-30%の海外産、100%完熟の国産

多くの果物は「追熟」といって、収穫して枝から実が離れた後も熟成が進んでいきます。追熟とともに実は柔らかくなり、甘さが出たり、酸味が収まるなどどんどん食べやすくなります。

ですがパイナップルは他の果物にない「追熟しない」という珍しい特徴を持っています(知っていましたか?)

「いやいや買ってきたパイナップル常温で置いていたら酸味が収まって食べやすくなったけど!?」

と思ったでしょうか?確かに日数を置くことでパイナップルの酸味は落ち着きます。ですが、これは追熟とは違うんですよね。

果物は追熟することでフルーツに含まれるデンプンが分解され、果糖になります。デンプン→果糖となることで、「お!甘いなこれ!!」とおいしくなるわけです。

パイナップルはデンプンが少ないため、時間をおいても果糖は増えません。ですので買ってきて時間を置いても甘くならないわけです。ですので樹についている間しか熟成出来ませんが、海外へ輸出する場合はなんせ距離があるじゃないですか~。ですので早めに収穫してしまい、その分熟成度は低いままになります。調べてみると大体10-20%前後みたいですね。スーパーで並んでいる海外産パイナップルの熟成度はかなり低いという状態です。それに対して沖縄産のパイナップルの熟成度は70%ほどあると言われています。すごいな…全然違いますよね。

次回から国産パイナップルについてより深くお話をしていきますので引き続きぜひご覧くださいね!!

豆知識的なもの:時間をおいてもそれ以上熟成しないため、スーパーに置いてあるパイナップルは、売られているその時が一番新鮮で食べ頃ということになります。買ってきたパイナップルは時間をおかずに新鮮な内にさっさと食べるようにしましょう!


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください