大手のネットメディア記事に掲載されて大きく変わった3つのこと

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
Yahooニュースさん、アゴラさん、ZUU onlineさん、MSNニュースさん、グノシーさんといったメガメディアに記事が掲載されるようになって2ヶ月ちょっとが経過しました。それまで2,000文字前後の記事を500くらい掲載してチコチコ見てもらっていましたが、メガメディア掲載で一気に閲覧者が増えました。本当にありがとうございます。

さて、今回は自慢をしたいわけではありません。そうではなく、メガメディア掲載により大きく何が変わった事実をご紹介したいと思います。ビジネスや趣味、ブランディングでブログを活用したいと思っている人にお役立て頂ければと思っています。

 

書いた記事にコメントやメッセージが来るようになった

メガメディア掲載をされるようになる2ヶ月ちょっと前まではぶっちゃけ、コメントやメッセージはほとんどありませんでした。記事はそれなりに読まれていて、そこから肥後庵のページでフルーツギフトを買ってくれる方もいらっしゃいましたが、とにかく反応がございません(笑)。応援も批判も何もなし。ただ流入は少しずつ増えていき、自社商品も売れているので無価値とも思えず…。

ところが、メガメディアに掲載されてからはそんな状況が一変しました。記事を書くと反応が返ってくるようになったのです。Facebookでの友達申請(すいません、メッセージなしの申請は受けていません)、このブログへのコメントやメッセージ、EメールにFAXまで色んなところから反応が返ってくるようになりました。Feedbackがあるとやはり記事を書く時に肩の力の入れようが違います。

「前回の記事ではこういうところに批判があったから、誤解を招かないようにしよう」
「煽りっぽいタイトルになると、中身を読まずに批判が来るからこう工夫してみよう」
「ためになった、面白かったというコメントが来たから嬉しいな」

といった具合に、頂いた反応を次の記事を書く上での参考にしたり、モチベーションアップになったりしています。

 

専門家扱いを受けるようになった

これまで自分のブログはどんな読者がいるのかサッパリ予想が付きませんでした。リアルの友達の内、何人かは「面白いから時々読んでいるよ」といってくれる人がいますが、それ以外の読者こちらからは見えません。そう、これを読んでいるあなたのことをいっています。あなたは一体、どこにいるどんな人なのでしょうか?私には何も見えていない、というのがちょっと不思議な気がします。

さて、メガメディア掲載をされてから、私は一部の人から「専門家」扱いを受けるようになりました。何の専門家かというと、フルーツギフトや農業ビジネスとといったいつもこのブログで書いているような内容についてです。特に他のメディアで私の記事を読んで頂いた方からは

「黒坂さんご専門のギフトについて書いてもらえませんか?」

と言われたことが何度かありました。私は学問でフルーツギフトや農業ビジネスについては一度も学んだことはありません。全て事業をする上での経験則や、その都度調べたり本を読んで勉強したことを自分の目線で書いています。メガメディアに掲載されてから、何社かとライター契約を結んで記事を書いていますが、その時には専門家として迎えられるようになった、この点も大きな変化の一つです。

 

プロのライターとしてマネタイズできた

ライターという仕事自体の敷居はとても低いものです。ペンがあって日本語を理解できるなら誰にでもなることができます。大ベストセラー小説を書くとなると話は別ですが、例えば「商品レビューを書いてくれたら500円の割引をします」とか「ポイントを付与します」というオファーはそこらじゅうにあって、意図的にめちゃめちゃなことを書かなければ誰にでも始めることが可能です。

ですが、500円、1000円といった少額ではなく1記事に対してそれなりの対価をもらうとなると、それには実績が必要です。健康記事を書くに辺り、顔出しなし名前もペンネーム、という人の書いたやり方よりも、名前も顔も知られていて職業も医師をしている人の方がやはり信用されますし、その人の書いた記事は高く買い取られるものです。

私はお金をもらうライターとしてデビューしたのは2017年4月とごく最近のことです。その後はアゴラさんに掲載され、Yahooニュースさんに掲載されるようになってからがらりと世界が変わりました。メガメディアに掲載されたことを実績として評価され、1記事に対してプロとして名乗っていいくらいの報酬を頂くことができるようになりました。今、お仕事を頂いている数社はメガメディアに掲載されるという実績を持つ前であれば、おそらく契約に至ることはなかったと思います。というのも、ライター契約をする時にはSkype越しですがまるで人事採用のように、経歴をPRしたり書いてもらいたい記事のクオリティについての説明などしっかりとしたフィルターをかけられることになったからです。先方は驚くほど私の経歴や過去のメガメディア掲載実績について調べられていました。ここで掲載された実績が効いたことはいうまでもありません。

私はメガメディア掲載歴わずか2ヶ月ちょっとの駆け出しひよっこに過ぎません。外れるとかなり批判が来てしまうことも何度か経験するという、痛い思いもしています。これから1年後、メガメディア掲載によって何が変わるのか?それを体験するために今後も継続して取り組んでいきたいと思います。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る