「Today at Apple」はレッスンではなく、エンターテイメント

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
先日、表参道のアップルストアへいってきました!お店の正面に立ってみるとガラス張りでオシャレでカッコイイ。吸い込まれるように店内に入ると、魅力的なアップル製品が置かれています。大型電器店のようにぎっしりと色んなものが並べられているのではなく、等間隔で置かれ、製品との間と間に幅を設けてあります。これはすごいことです。表参道はものすごく地価の高いエリアであり、そんな高い空間であるはずなのに製品を美しく見せるために贅沢に使用していると感じました。

私は導かれるように地下の螺旋階段を降り、そこで行われていた魅力的な「Today at Apple」といういくつかのイベントに参加して来ました。今回はイベントに参加して感じたことをお伝えしたいと思います。

 

徹底的にシーンを売るアップル

売れるマーケティングの世界では「商品を売るな!シーンを売れ!」と言われます。当店、肥後庵で提供している商品は高級フルーツに思われますが、サイトを見ていただくと分かる通り実際には「高級フルーツというツールを活用して、贈る人と、受け取る人の心を繋いで幸せの輪を広げる」というシーンを販売しています。実際、お客さまはその部分に共感して購入頂いています。

アップルという会社が販売しているのはスマホやPCといったデバイスというより、アップル製品を使ってスタイリッシュでクールで便利なライフスタイルです。私はビデオ編集、アート、デザインという3つのセッションを受講してきたのですが、いずれも製品の使い方を教える講義ではなく、「これらの製品を使って、ビデオやアートを通じてクリエイティビティを発揮して人生を豊かにするお手伝い」というシーンの提供をビシビシと感じます。

私たちがソフトやハードの使い方を教わるとなると、「こんな風に使いましょう」「こうすると便利ですよ」といった具合に「使い方の説明」になるのが一般的です。これは確かに有益です。しかし、有益であるだけでそこにわくわくすることも、面白さも宿りません。教える人が紙のマニュアルや動画に代わっても差し支えないわけです。

私は動画を教わっている時は「余興をする時にはこんな風に見せると”プロっぽくてカッコイイ!”と喜ばれますよ」「こうするとすごくスタイリッシュで、作っていて楽しいですよ」といったアドバイスを受け、アートのセッションでは「最高にイケてるクリスマスツリーを描けるとこんな風に人生は豊かになる」と教わりました。教わって製品の使い方を理解するとともに、「この講師はこんな素敵で繊細な感受性を持っているのか!?」「へぇ、この製品でそんな使い方をして喜ばれたのか!」「じゃあ自分はこんな風に使ったら面白いかもしれない」といった驚きやワクワクが生まれました。このワクワクはただ使い方の説明を一方的に受けるだけでは、決して生まれなかったことで講師によってつけられた心の炎だとするとすごいことだと思わされました。

アップルという会社は製品を売っているのではなく、ワクワクやこれやりたい!というシーンです。

 

友達のようなフレンドリーさのスタッフたち

 

ちょっと昔に流行った「Internship」という映画をご存知ですか?アメリカのGoogleにインターン生として中年オヤジがトライして、正社員登用を目指す、という面白い映画です。Googleの社員とインターン生とは「先生と生徒」という感じではなく、「親切で優しい先輩が、後輩を楽しく導いてくれる仲のいい関係」という印象です。

私はToday at AppleでInternshipの映画を見た時と同じ感覚を覚えました。講師がとにかくフレンドリーで驚かされます。私は初めて参加したのですが、何度かToday at Appleに来ている常連さんに対して「この間のお誕生日は楽しく過ごせました?」「アートはお子さんに喜ばれましたか?」といった具合に仲のいい友達との会話のようでびっくりしました。初めて参加する私にも自己紹介をさせてもらって、その後はあれこれとても楽しく会話をさせてもらい、セッションを受けながら講師の方とお友達になったような感覚になりました。セッションの講師は日本人なのに、アメリカ人のような陽気さとフレンドリーさに日本人と話をしている気がしませんでした。

 

インタラクティブで飽きないセッション

そしてセッションも徹底して実践的です。よくある、講師がプロジェクターで使い方を説明して、生徒は黙々と操作をするという一方通行ではありません。最初に講師が使い方を示したら、生徒側が手を動かし、発表します。そこから笑いが起きたり、生徒同士の会話が生まれます。「お!それいいですね!」「○○さん、センスありますね!」といったやり取りがとても楽しく、手を動かして楽しみながら学ぶのでセッションに参加した後もどんなやり取りがあったのか、鮮明な記憶に残りました。

そんな魅力的なセッションが70以上あると講師はいっていました。アップルストアで学ぶ他、外に出かけてビデオや写真撮影をしたり、有名人を呼ぶイベントなど「これ本当に無料でいいの!?」と言いたくなってしまうようなレベルの高い、楽しいセッションが毎日提供されています。

 

製品の使い方をこれだけレベルの高いエンターテイメントに昇華させ、来店する人を魅了し続ける企業はアップル以外に知りません。来店した私はすっかり虜になってしまい、次に購入するPCはWindowsではなく、iMacになってしまいそうです(笑)。

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

肥後庵のフルーツギフトは一般のお客様はもちろん、コンサルティング事務所経営者や有名人、研究者など社会的に上級職についている方にご利用頂いています。また、法人様も売上3兆円を超える大企業の接待手土産や芸能プロダクションのお中元、お歳暮にご愛顧頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る