「人で売る」マーケティングでブルーオーシャンを謳歌する

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
私はフルーツギフトやビジネス記事を書く仕事をしています。その時に意識しているのは徹底的に「自分らしさを全面に押し出す」ということです。

「営業は人で売れ」と言います。これは本当に当たっています。消費者が自ら欲しいものをほしい時に自ら買いに行く今の時代、会社の製品そのものを売ろうとしても売れません。ですが魅力的、信用できる人柄であれば、人はほしいと思った時に、その営業マンに声をかけて商品を買っていくわけです。

私は肥後庵を創業する時、契約していたコンサルタントから徹底的にこのことを叩き込まれました。「ビジネスは人で売れ」と。

 

どんなビジネスでも人で売るのが最強のブルーオーシャン

フルーツギフトの世界はレッドオーシャンです。試しに「フルーツギフト」と検索してみて下さい。メロンを売っている業者だけでも数百ヒットします。最大手ブランドは創業から120年以上の歴史があり、かたや私は3年1ヶ月の超新参者です(2018年5月現在)。

しかし、ありがたいことにビジネスは極めて順調です。フルーツギフト肥後庵のサイトや、このブログを見てもらうと分かると思うのですが、私は全面的にあちこちに出て顔出ししています。私は肥後庵の営業マンであり、お客様のギフトの願いを叶えるコンシェルジュでもあります。そう、肥後庵は黒坂という広告塔で売っているのです。マーケティングの一環でビジネス記事を書いていますが、批判や中傷もよくありますが、気にせずにガンガン突き進んでいます。お客様からも

「いくつか記事を読みました。応援の意味を込めて、娘の結婚式の内祝いに使わせてもらいます」

と言われることが増えてきました。フルーツギフトですから、普通は「果物をギフトにしたい」というニーズがあって、商品が売れていくのがセオリーなのですが、「記事やテレビ・ラジオ番組を見た。興味が湧いたから買いたくなった」というお客様もいらっしゃるわけです。これはメディアを通じて黒坂が認知され、そして商品が売れていっているのです。

こうなると他のフルーツギフト業者と肥後庵はまったく競合することがありません。肥後庵は他のフルーツギフト業者とは違う道を歩んでいます。そしてこの道には、青い青いブルーオーシャンが広がっているのを感じます。どんなビジネスでも人で売るのが最強のマーケティングだと思います。

 

「人で売る」のに必要なこと

人で売る、と言ってもただただ顔写真をサイトに掲載したり、一方的に安心安全を訴える文章を書くだけでは売れません。大事なのは「共感」とにかくそれを考える必要があります。

「この人の言うことは信用できる」
「面白いことを言うなら読んでいて楽しい」
「友達に広めて話題にしたい」

こうした共感を得る活動をすることが、「人で売る」という真髄なのです。でも見ず知らずの人が大衆に向かって好き勝手話しても誰も聞いてくれません。じゃあどうすればいいのか?それは人の悩みや苦しみを解消することを伝えるのです。

私はこれまで日本のフルーツが海外に流出する事件や、農業にまつわる問題提起をしてきました。こうした問題は多くの人が憤り、怒りで振り上げた拳を下ろしたいという気持ちになったことでしょう。そんな事件への見解や気持ちの持ち方を記事を書いたことでSNSで拡散されました。そこには

「この人(黒坂)の言う通り、この問題は社会全体で取り組むべきだ!」
「確かに言っているとおりだ」
「いいこと言う」

などのコメントを中心に話題になりました。どんなビジネスをする上でも、同じようにやればあなたの商品は売れます。

あなたはあなたが取り組んでいるビジネスのプロです。セキュリティの担当者なのであれば、昨今のセキュリティ問題を記事に取り上げ、問題提起をするのです。そうすることで記事を読んだ人が共感して、その内少数の人たちがあなたに仕事をお願いしてくれるでしょう。もちろん、書いてあることに説得力を持たせるために、データや専門家のコメントを引用したり、実際に自分がその道のプロフェッショナルとしてビジネスに取り組んでいるという実績は必要です。

これが「人で売る」ということだと私は考えています。

 

共感を得られる人は一流の営業マンである

多くの人の共感を得られる人は一流の営業マンになれます。

自分が売っているものは何でもいいのです。コンサルティングサービスのような無形のものでも、私のようにフルーツギフトでも、それから化粧品や食品でもなんでもそうです。人は常に、自分の悩みや苦しみを理解してくれる人を求めています。結婚で考えてみて下さい。

・年収はいいけど高飛車で気持ちが分かってくれない人
・年収は普通だけど、ありのままの自分を受け入れて気持ちを理解してくれる人

どちらと結婚したいと思うでしょうか?いえ、その答えは聞かなくてももう分かっています。これはそのままビジネスで当てはめて考えることが出来るのです。人はいいものを買いたいと思うものですが、同時に自分のことを理解してくれる人から買うものです。

共感を得られる人は、いつの時代になってもお客様の方から「あなたから買いたい」と言ってもらえます。そうなると売り込まないのに勝手に売れていく、という最強の営業マンの出来上がりです。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る