結果を急ぎすぎるから失敗する

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
私が「徹底的に真理だな」と思うことの一つに、「諦めなければ絶対に成功する」というものがあります。過去にも何度も取り上げてきたことですが、英語学習でも、ネットマーケティングでも、投資でもなんでも同じことが言えます。逆に失敗してしまうことの多くは性急に結果を求めてしまうからだと思わされることが少なくありません。そうはいっても、人はすぐに成果を求めてしまう生き物です。

結果を急ぎすぎず、成功するためにたどり着く方法はどうしたらいいのでしょうか?

 

挑戦する前に結果までのプロセスを見る

何事にも挑戦するときはいい面しか見ないものです。英語学習でもペラペラと流暢に英語を話し、高年収を得ている姿とかそうですよね。後はネットマーケティングでたくさんのお客様からの注文で溢れかえるイメージなどです。

もちろん、こうした明るい部分を見て「よし!自分も同じ様になりたいから始めよう!!」と鼻息荒く、決意を胸に刻むことをやめろとは言いません。しかし、それだけでは不十分だと思っています。いい面にたどり着くまでに必要な事、時間、そしてエネルギーを冷静に見つめる必要があります。ハートを熱く結果へ眼差しを送り、冷静な脳みそでそのプロセスを見つめるのです。

例えば英語。私は英語学習を何度も挫折した後、本気でやろうと決意してなんとかものにすることが出来ました。どうしたかというと、まず「英語を使ってグローバルに活躍したい」という明るい未来を見つつ、「そこまでいくには何が必要か?」とうプロセスを見ることにしたのです。必要な時間はどのくらいで、そのためには毎日どのくらい学習時間を確保してどのくらい継続すればいいのか?しっかりと時間をかけて戦略を練り尽くしたことで、最後に挑戦したときは途中で挫折はありませんでした。途中のプロセスはすべて「計画していた中にあったな」と想定内だったからです。

これはネットマーケティングでも同じです。私は肥後庵を創業する時に「最初の一年間はお客さんが0かもしれない。来ていただいたらラッキー」という急ぎすぎないような気持ちで取り組みました。結果的に初年度からお客様はそれなりに来ていただいたのですが、しばらくして伸び悩みが来ても全然気にしませんでした。「本格的に軌道に乗るまでに3年はかかると覚悟しよう」と思っていたからです。

 

挫折は常に「想定外」からやってくる

何事も挑戦するときには勝負が決まっています。

なんとなく軽い気持ちで始めた人と、ゴールをしっかり見つめて必要なことを頭に叩き込んで覚悟を持って始める人とでは最初から勝敗は決まっています。私はこのことを短大に入学した時に強く感じました。

私は途中で4年制大学に編入しましたが、最初は短大にしか入れませんでした。「大学に入ったからには図書館で読書と勉強をするだけで学費の元を取ろう!授業は全てオールAしかありえない」という気持ちで門戸を叩き、猛烈に勉強をしていました。しかし、周囲の学生はそうではありませんでした。口では「こんな夢がある」と言いながらも、5月にはほとんど姿を見せない人とか、いつの間にか退学寸前になっている人とかもいましたね。同じ大学一年生というスタートラインに立っていても、私は周囲の生徒を気にせずに死に物狂いで勉強をしました。その結果、アメリカの大学に留学する権利を得ることが出来ました。途中、「自分も留学したい!交換留学や学位留学なら学費は免除されるから親孝行になる」といって図書館で勉強をしている私の隣に座っていましたが、結局そういう人たちはみんな2週間や1ヶ月間の語学留学をして「たくさん友達が出来た!」と笑顔で戻ってきました。そういう生き方は否定はしませんし、バカにするつもりもありません。ですが、心の中で挫折していたと思います。「あ、もういいや。自分には学位や交換留学は無理だ」と。

そうした挫折はゴールまでのプロセスを軽視していたことに立脚しています。目標にはしてみたけど、思ったより大変だとかそういう「想定外」に挑戦が挫かれてしまったわけです。

 

ネットマーケティングは結果を急ぎすぎなければ成功する

ネットマーケティングは、結果を急ぎ過ぎなければ成功できる最たるものです。

肥後庵はたくさんのお客様と、メディア取材がよく来るサイトへと成長しました。ここに来るまでに3年間の年月が必要でしたが、最初は本当に色んな紆余曲折がありました。このブログも同じです。最初のPV数は1とか3でした。今ではYahooニュースに転載されると、記事の内容によっては1記事で30-50万PVになることがあります。うまくいかない時期を経ても諦めずに「結果は急ぐな」と自分に言い聞かせてきたのがうまくいった秘訣と言えるかもしれません。

これを読んでいるあなたへ。もしもあなたがなにかの挑戦をしているなら、どうか結果が出るまで急ぎすぎないようにしてもらいたいと思います。

「サイドビジネス開始後、1ヶ月で月収100万円!」
「投資開始後一年で億り人!!」

…もうヤメた方がいいです。そういう例があるのは否定はしませんが、運が良かったとか実力が天才的だったとかそういう話なだけで、残念ながら多くの人にとって再現性はありません。再現性のない話を真に受けて、「あの人はたったの1ヶ月であんなんに成果が出たのに自分は…」と落ち込んで挑戦を諦めてしまうなら大問題ですよね。

数日、数ヶ月やって成果が出ないからといって諦めるのは早すぎます。大丈夫、多くの人が不安になったりアホらしくて投げ出している中、あなた一人がやめなければもうそれだけでライバルと差をつけることが出来ます。「やめない」というのはとてつもない才能であり、やめないことそのものが最強の差別化になるのです。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る