「何歳からでも、資格も何もなしで人生を変える」力がネットにはある

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
高校生からネットを使うようになり、もう20年近くになります。毎日毎日、インターネットに入り浸っている私にとっては、リアルで過ごすより、ネットの世界をウロウロしている時間の方が長い気がしてきました。

長い間インターネットを使っていて思うこと、それは「ネットは本当にすごい力がある」ということです。私の収入源は100%ネットに依存していますし、人間関係もネット上の付き合いの方がはるかに濃密で数も多くなってしまいました。今回は

「残りの人生、満足の行くものにしたい」
「インターネットでお金を生み出すことが出来ればいいな」
「毎日退屈だから人生を変えたい」

そんなことを考えている人に向けて書いてみました。少しでも参考、気付きが得られれば幸いです。

 

リアルで一等地を保有するより、ネット上での影響力は価値がある

昔はリアルで土地をたくさん持っている人、実物資産をたくさん持っている人が勝者でした。一等地を所有しているとか、大地主さんとか、有名な絵画を持っているとか、有名人とコネがあるとかそういう感じです。しかし、今は違います。リアルでの実物資産より、ネット上での影響力の方が価値を生み出す時代になっているのです。この傾向はこれからますます強まる事はあっても、その逆はないでしょう。

全世界的に見ても、お金や人はどんどんリアルからネットへシフトしています。こちらの記事で詳しく書いているのですが、イギリスのゼニスメディアによると、全世界でテレビ広告費よりデジタル広告費が上回ったと発表されています。そう、もう人々の活動拠点はリアルからネットの世界へ移行しているのです。例えばリアルで大地主さんをやっている人がいたとしましょう。目の前の男が実は大地主、その事実を知るものは周囲に住んで彼を知っている人たちだけです。初対面の人がその人を見ても単なるハゲオヤジにしか見られないでしょうし、自分が大地主であることを相手に証明することは簡単なことではありません(お金を持っていそうな身なりをすればある程度は可能でしょうが)。ですが、ネットでは事情が違います。

昔、私はお世話になっているコンサルをしてくれていた先生と一緒に、東京都内を歩いていました。たまたまお祭りをやっていて、都内の大学生が呼び込みをしていたので軽く見ていくことにしました。お店の出し物を見ていると、呼び込みをしていた大学生がコンサルの先生を見て、「あ!もしかして◯◯さんですか!!」と驚いた顔を見せました。そうであることを伝えると、彼は大騒ぎで仲間の元へ駆け寄り「やばいよ!やばいよ!!有名人だよ!!」といい、訝しげな顔をする彼の友人は、その場でスマホを使ってコンサルの先生を検索しました。その後、コンサルの先生を囲んで一緒に記念写真を撮ったり熱心に話を聞いたりと、軽い騒ぎになってしまいました。今は何でもポケットの中にあるスマホで検索できますから、ネットの力は本当にすごいです。日本トップクラスの有名ビジネスマンであれば、同じような状況が起こり得るかもしれません。ですが、ネットではこんな具合に知らない人から「もしかして◯◯さんですか!?」と声をかけられるようなことが、プチ有名人クラスでも起こるのです。リアルで有名人になるより、その敷居は圧倒的に低いのです。

また、ネットで影響力を持つとどんなことが起こるかというと、仕事やメディア取材の依頼が向こうから舞い込むようになります。私は一年前、全くの無名でこのブログで好き勝手記事を書いているだけでしたが、メガメディアで記事を書くようになってからは生活が一変しました。テレビ、ラジオ、雑誌、ネット、書籍、様々なメディア掲載や仕事の依頼が毎週のように舞い込むようになりました。たった一年前は、誰にも見られない記事を書いていた生活がガラリと変わってしまったのです。これだけの力を持っているインターネットは本当にすごいと思わされます。

ネットでビジネスをする、情報発信をするという活動は、例えるならばネットという無限の空間の中で自分の土地を広げていくようなものにあたります。良質な記事を書いたり、支持されるビジネスをしていくと、自分の陣地を多くの人に認知されることで、そこからお金を稼ぐ事ができたり、リアルでは知り合えないような人から連絡をもらったりすることが出来るのです。

私はリアルの世界で一等地を持っている地主さんより、ネットで影響力を持つほうがはるかに価値があると思っています。

 

何歳でも、資格無しで、誰でもなんでも出来るのがネットの世界

で、ネットのすごいところというのは何歳でも、資格がなくても、どんな人でもお金を稼いだり、自分のファンを作ったり、メディアに取り上げられたり本当になんでも出来ることです。資格や年齢が関係ないものでいえば、ネットビジネスはその筆頭です。資格、年齢、性別、経験、資金などほとんど必要なくスタートでき、分野によっては青天井に稼ぐことが出来ます。私のようにわずか一年前は誰にも知られなかった一般人でも、フルーツビジネスの専門家として権威的なビジネス誌でコメントをさせてもらったりする仕事を得ることが出来るのです。

しかし、リアルの世界でなにか大きなことをやりたいと思っても、資格とか容姿とか、資金、年齢など様々な制約がありますよね?例えば高収入を得られる会社に務めるなら、難関資格を持っていたり高学歴であったり、コネを持っていることが必要です。そうでない人は競争が激しい分野では門前払いです。そして必要な要素というのはだいたい決まっています。年齢は若いほうが有利、資格や学歴、キャリアはハイレベルであればよし、容姿も美しいほうが支持されるのです。それがネットだと違います。ネットだとニーズのマッチングが容易ですから、リアルでは支持を集められないことが逆にプラスに働くことがあったりするのです。

あなたがこれまでの人生でやってきたこと、経験してきたこと、知っていること、それをネットで目に見えるコンテンツとして差し出すだけでお金を払って買い取りたい、話を聞いてみたいという声がかかります。例えばこれ。過去に書いた記事ですが、こうしたリアルの社会ではまったく受け入れられない人も、ネットに現れるとたちまち何千、何万人の心を掴んで人を集めてしまうのです。いや、リアルで受け入れられなかった体験や知識、経験ほどネットでは価値があるといっても過言ではありません。なんせネット上は無数にページがあります。高学歴、高キャリアというだけではまったく価値がなく、逆に中卒でもキャラクターが立っていたり、他の人がしていない体験をしているというだけで多くの人を集めることが出来るのです。面白いことに自分では「こんな体験や話に価値なんてないよ」と思っていても、それは他の人からするとものすごく新鮮で価値ある話に聞こえるのです。

 

ネットで存在感を得るには情報発信をする

ネットのビジネスで大きな成果をあげていたり、有名人になったり、影響力を持っている人と、そうでない人の違いというのは頭の良さや、人脈などの要素はゼロではありません。世の中は競争社会ですから、自分より優れたビジネスやコンテンツを持っている人のところに、人が集まるのは自明の理です。しかし、究極的に言えば、「やるか?やらないか?」という行動力の差である方がはるかに大きな要素だと思っています。

私の他にもフルーツビジネスの情報発信をしている人は何人もいます。でも、だからといって私にまったくチャンスがないか?というとそうでもありませんでした。多くのフルーツビジネスの情報発信者の中で、私が後発組として出発しても支持してくれる人はいるのです。もちろん、あなたがやってきたことも同じです。すでにすごいと思える先駆者やベテランの人がいても、まったく物怖じする必要はないと思います。社会は多様性ですから、いろんな価値観の人がいます。あなたにお金を出したい、話を聞かせてもらいたいという人がかならずいるのです。現在、その分野で成功者がいてもそれは多くの人に支持された結果なわけで、その人ではなくあなたにお願いしたいという人がかならず存在します。ですから、先駆者がいるからといって無条件に諦めてしまう必要はまったくないのです。

さて、じゃあ何からしたらいいのか?という疑問があると思います。すでに売りたいビジネスがあるなら、ネットで売り始めることです。私の場合はフルーツでした。「売りたいものなんてない。そもそもお金稼ぎだけが目的ではない」と思われるかもしれませんね。そんなあなたに勧めたいのが「情報発信」、役に立つ情報、困った人に喜ばれる情報、そうした情報をブログなり、YouTubeなり、Twitterなりで発信していくのです。とにかく見た人が救われる内容にする、ただその活動を継続するだけで多くの人が集まってきて、やがてお金を出したいというオファーも出てきます。私の場合は自社のショップで買物をしてくれたり、書籍出版のオファーや、講演の依頼、雑誌のコラム執筆やテレビ出演などいろんな仕事が来ました。とにかく最初は人様の役に立つ情報発信をする、入り口はこれで十分です。そこからいろんな人からオファーや相談、応援のメッセージなどを受け取るようになれば、確実に人生は変わりますね。私は会社員をやっていた頃、1年間という期間は自分の専門分野の経験や知識、昇進などの価値をもたらしてくれる単位の時間と捉えていました。ですが、今の一年間という時間はそんなものに留まりません。まったく未経験の仕事がいくつもやってきたり、売上が倍々ゲームで伸ばしたり、誰からも便りがなかった状態から、読みきれないほどコメントが送られてくるようになるのです。同じ人生を生きているとは思えないほどの大きな変化をもたらしてくれます。リアルでは無理でも、ネットを上手に活用すればそんな風に人生を激変させることが出来ます。

 

ネットでなければ会えなかった人たち

「ね?ネットはすごいでしょ?だからあなたも情報発信やらネットでビジネスを始めてみてはいかがでしょうか?」

…で、記事を終わらせても良かったんですが、最後に少しだけ。

人生が変わる、変わらないというのは、ひとえに出会いによるところがでかいです。高校を卒業した頃の私は、同じコールセンターで働くスタッフとか、高校時代の友人としかお付き合いがありませんでした。別にその人達をばかにするわけではありませんが、ぶっ飛んだ人とかっていなかったんですよね。みんな地元の友だちと仲良く過ごし、住み慣れた街で年をとっていく。そんな生き方が当たり前でなんにも疑問を持っていませんでした。現状の収入も当たり前、これから先もずっとテレオペレーターとして生きていくのが当たり前という感じです。

私はネットでビジネスをするようになり、いろんな人とお付き合いをさせてもらうようになりました。何十冊も本を出しているベストセラー作家、年収1億円を10年近くキープしている社長、駅前の商業施設を何棟も保有する資産家、プロブロガー、プロYouTuber、家を持たず世界を旅するアフィリエイターなど、リアルではなかなか知り合うことが出来ない人たちです。そうした人たちとビジネスをしたり、食事をしたり、時には遊んだりして人生観はめちゃめちゃ変わりました。それまで聞けなかったようなぶっ飛んだ話や、普通では体験できないことをさせてもらったり、大きなビジネスチャンスを頂いてきました。つい先日も年商50億超の社長さんとのディナーに招待してもらったばかりです。

こうした人達は、ネットがなければ絶対に知りあることが出来なかった人たちです。一介の会社員には死ぬまで縁のないようなぶっ飛んだ人と会えたことで、私のマインドも昔に比べればネジが何本がぶっ飛んでしまいました。人は人の出会いで変わります。リアルの世界だけでそれを実現するのはかなり難しいことで、一般人が忙しいトップビジネスマンに会いに行っても相手にしてもらえることはありません。ですが、ネットなら違います。ネットならそうした人たちにアクセスすることは可能なのです(いきなり彼らに連絡をしろといっているのではありません。念の為)。上述した人たちは、すべてインターネットを通じて知り合い、ビジネスパートナーや友人として付き合うことになった人ばかりです。

人生を変えたければネットで活動をすることをオススメします。長々とお話をしましたが、私が言いたかったことは、あなたの人生を変えるものはリアルではなくネットにあるということなのです。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る