紙の本からKindleに変えて感じたこと

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
私は最近、本を買う時は紙ではなく、Kindleで購入するようにしました。昔は断然、本は紙派でした。「本は紙で読んでこそナンボ、Kindleで読むなんて邪道だ」とよく分からない価値観を持っていましたね。しかし、最近遅ればせながらKindleで本を読むようになって、その考えは完全に吹き飛びました。今では新しい本を買う時には、ほぼ確実にKindle出版で買うようにしています。長い間敬遠してきた電子書籍に、今ではどっぷりはまってしまいました。

ただ、今でも紙の本を読むメリットは確実にあると思っています。過去記事に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

 

好きな時にパッと読むことができる手軽さ

Kindleの良いところは、何と言ってもそのモバイル性にあります。これまで、本を読む時には物理的に紙の本を持ち運び、1ページずつめくりながら読む必要がありました。これは意識が完全に読書にコミットできるので、集中して読むときにはとても良かったのですが、その反面モバイル性に劣ります。しかし、Kindleはバーチャルペーパーですから、読みたい時にPCやスマホなどデバイスを選ばずに、いつでも好きな時に読むことができます。私は年間を通じて、かなり飛行機に乗るのですが、Kindleなら家で読んでいた本の続きを飛行機の機内や電車移動中に読むことができます。いつでも、どこでもオンデマンドで読んでいた続きを読むことが出来るのは、とてつもなく楽であり、結果的に読書時間が増えました。

 

欲しいと思った本をその場で即買える

紙の本であればネットで注文して届くまでに時間かかります。私のように地方に住んでいる人間は、ほしい本を買うための書店が近くにありません。そのため、読みたい本をすぐに読むことができないというジレンマがありました。

しかし、Kindleであればまさにワンクリックでその場で読むことができます。まずはサンプルを読み、内容を気に入ったら購入をする、という立ち読み機能もついています。Kindleであれば欲しいと思った本をその場で即手に入れることができるので、とても便利に感じています。

 

コピペで引用が出来る

本を読んで、その内容が素晴らしい時には引用することがあります(もちろん、出典元を明らかにするのは言うまでもありません)。その際、紙の本の場合は引用したい部分を全部入力する必要があるのでかなり大変です。しかし、Kindleは一部コピペ機能がついていますので、わざわざ自分で入力する必要はありません。読書をしていて、「いいな」と思ったら即コピペ引用をして、記事にして内容を取り上げることが出来るのです。これは紙の本には絶対にない機能です。

 

場所を取らない

紙の本はバーチャルではなく、物理的に存在しますので当然ですが置き場所を取ります。そうなると難しいのが廃棄の時です。とてもいい本だけれども、引っ越しをする時に捨てるか?捨てないか?を迷うのです。でもまた読み返すこともありそう…そんな時は捨てるに捨てられず、引っ越しをする度に重い本を持ち運ぶ事になります。

しかし、電子書籍ならそんな悩みは皆無です。なんせデータはWeb上にあって世の中からKindleが消えてしまわない限りはずっと残り続けるのです。欲しいと思った本も、「引っ越しを控えているから今は買わない方がいいか…」と躊躇してしまうことがありましたが、今後はそのような悩みからは開放される事になりそうです。

今回Kindleを使った読書習慣を始めてみて、やはり食わず嫌いはいけないと感じました。新しいテクノロジーを使ってみて、便利に感じるものはまずは手にとってみて試してみるという気持ちを忘れてはいけないと思います。今回のKindle体験で、そのことを再認識することができました。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る