外国人農業従事者でも解消できない日本の農業問題

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

最近、こちらのブログがあんまり更新ができていません…。なぜかというと、こちらの英語ブログをガンガン更新をしているからです。書いているのは英語学習法だけではないので、ぜひ見ていってくださいね!Line@も、開設から1ヶ月ちょっとですが110人を超えました!

さて、今回は長らくしていなかった農業関係のお話を取り上げます。

 

増え続ける外国人農業従事者

インバウンド需要の高まりで、日本にやってくる外国人労働者は増え続けています。その中でも農業従事者の外国人は増加の一途を辿っており、もはや「外国人に依存している」といえるまでになっているのです。国勢調査によると、1995年 2,800人だったものが、2015年 21,000人と20年間で7.5倍にもなっています。

画像引用元:NHKニュースおはよう日本「外国人への“依存”で 農業が変わる」

私も農業関係のビジネスをしている身ですから、あちこちの生産者から仕入れをする際に彼らとコミュニケーションを取ることがあります。その際、農家の農園にはたくさんの外国人農業従事者がいて驚かされます。その国籍は実に多様で、

カンボジア
中国
ベトナム
パキスタン

と様々。「日本に農業を勉強しに来た」と口を揃えるところはみんな同じです。

 

外国人農業従事者を抱える農家の悩み

自然相手でIT化もできていない部分が多いですから、農家は「究極の労働集約型産業」と言えます。そんな農業は外国人の手も借りないと生産規模の縮小を余儀なくされてしまうほど、深刻な高齢化に悩まされています。

外国人農業従事者は名目上、「日本語の勉強をしてきている」ということになっています。しかし、私は実際に彼らと話をして、日本語がほとんどできないケースを多く見てきました。英語が得意な農家さんはほとんどおらず、身振り手振りによるジェスチャーでしかコミュニケーションが取れません。先日もお米の荷降ろしの仕事があったのですが、フィリピンから来た若い女性への指示はすべてジェスチャーでしたね。

写真は筆者撮影。米袋の荷降ろしをする高齢のコメ農家と、フィリピンから来た研修生

英語ができなければ彼らと細かいコミュニケーションが取れません。外国人農業従事者の対応の難しさを肌で感じました。そして外国人農業従事者を抱える人数は一人ではありません。私が見たケースでは、収穫作業をする半分が外国人という農家さんもいて、外国人研修生がいなければ農業が立ち行かなくなるところまで来ていると言います。日本人作業者が60代以降、時には70代以降というケースが多い中、若い労働力は外国人に頼らざるを得ないわけです。

 

メロンをやめてほうれん草へ転換したワケ

NHKニュースおはよう日本「外国人への“依存”で 農業が変わる」では、番組の中でメロンをやめてほうれん草へ転換したというケースを紹介していました。その理由は外国人研修生への支払です。

農家は家族経営的に運営しているところが多く、売上は家族でシェアという形態でした。ところが外国人研修生が労働力になったことで、お給料の支払が毎月必要となったのです。そうなると困るのは毎月の支払枠の確保です。

メロンは収穫が年に2回、後の季節は収入が途絶えてしまいます。そこでメロンではなく、時期をずらして年中収穫できる葉物野菜に転換したというわけです。

こうなるとメロンやスイカ、ミカンと言った収穫時期が限られるフルーツは大きな影響を受ける事になります。事実、この3種のフルーツは年々生産量は右肩下がりになっており、ミカンは直近でも生産量減少が起きており価格高騰したことが大きな問題となりました。これからますますこの問題は顕在化していくでしょう。

外国人研修生への強い依存状態にあっても、解消できない問題もあり今後の我が国の農業のあり方が問われている時が来ているのです。

 

解消するのはIT

このトレンドを変えるのはITしかないと思っています。

国をあげて働き方改革が打ち出され、いよいよ人口減少社会突入に備えた改革案が叫ばれる中、どうしても農業は主要産業という扱いではないためにこれからますます問題になります。日本の農業の破綻にもなりかねません。少子高齢化問題は数十年の緩慢なトレンドによるものなので、解消速度も緩慢なものです。

そうなると解消するのはITです。テクノロジーによる管理と生産効率向上を実現するしか方法はないでしょう。ITのみが現状を打破する最後の切り札となると考えています。米国に次ぐ農産物輸出額世界第2位のオランダはITを駆使したアグリビジネスに力を入れています。日本はそれを実現するだけのテクノロジーを持った国であると考えています。

「外国人研修生が来てくれるなら、農業は大丈夫なのでは?」というのが多くの人が持っている日本の農業への認識だと思います。しかし、そうではないことを伝えたくてこの記事を書きました。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る