「成功率10%」を成功率100%に引き上げる方法

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

「成功率10%」

この数字を突きつけられた時、あなたは挑戦しようと思うでしょうか?おそらくほとんどの場合は「NO」と答えるでしょう。無理もありません。10人中9人がうまくいかない、という世界はなんだか難しそうだし「自分がその中の唯一の成功者になれる」というイメージを持つことは簡単ではありませんから。

私も昔はそうでした。成功率が50%を切るものには挑戦する気がまったく起きず、成功率の高いものを探して動き回っていたものです。しかし、今ではこの成功率に現れた数字にビビることは全くなくなりました。なぜなら、世の中にある「成功率」とは「自分」に当てはまるものではない、ということを理解しているからです。それを理解できれば成功率が10%しかないものでも、ほぼ100%に引き上げる事ができます。

 

成功率が低いものアレコレ

世の中には「成功率が低い」とされるものがいくつもあります。

英検1級…10%
TOEIC900点…3.6%
起業して20年生き残る…0.3%
公認会計士…10.8%
勝てる株式投資家…10%

…どれもこれもものすごく成功率が低いものばかり。でも本当に恐れることはありません。この数字が低いからといって、それがすなわち難易度の高さを表しているものではないからです。

 

成功率を下げている「負けるべくして負けている人たち」

そもそも資格試験や、投資、起業の世界は半分以上がテキトーにやる人で占めています。

例えば英検1級、受験する人はみんな英語力がものすごく高くて、そんな英語上級者でしのぎを削って試験を受けている…なんて思っていませんか?実際にはそんな事はありません。

学生時代、私の知人は英検準1級と1級をダブル受験して両方落ちました。準1級と1級の間にはかなりの難易度の差があるのですが、準1級が合格できないレベルでは1級なんて100%受かるわけがありません。なぜそんな状態で受験したのかまったく意味が分かりませんが、それこそテキトーな意気込みで受験して落ちるべくして落ちたわけです。

私は昔、交流会でたくさんの起業家にお会いしましたが、話を聞いても「そりゃ絶対に儲からないでしょ…」と思えるようなめちゃくちゃなビジネスをやっている人が結構いました。アイデアは思いつきレベル、どうやっても利益を出せないビジネスモデル、マーケティングは知識ゼロでネット広告でやっているだけ…1年も持つわけがありません。そうした人が企業の廃業率をものすごく高めているのです。

投資の世界も9割負ける、と言われても不思議に思いません。なぜなら多くの人が

「銘柄を買って後はお祈り!」
「この企業が好き!応援したい!!」
「将来性が期待できそうだから買ってみた」

という「なんの根拠も期待値もない状態」で適当に買い、上げ下げで狼狽売りをするという、おおよそ投資とは呼べない状態でやっているからです。テクニカル分析もファンダメンタルズ分析もさっぱり知識がない状態で、大事な命金を投資に突っ込むのは負けても不思議ではありません。

成功率を著しく下げているのは「負けるべくして、負けている人たち」なのです。

 

上位10%になるのは簡単

作家の藤原和博さんは著書、本を読む人だけが手にするものの中で「日常的に本を読めば上位10%になれる」と言っています。

本を読む人だけが手にするもの(クリックするとAmazonページにジャンプします)

本を読めば賢くなる
本を読めば知識が付く
お金持ちや成功者ほど本を読んでいる

これらはもうわかりきったことですよね?でもほとんどの人が読書の習慣がありません。お金がもったいないとか、時間がないといった事を言いながら本を読まないのです。そうした人が多数派の中で、あなただけが一発奮起して毎週1冊でいいから本を読む習慣を持つことができれば、もうそれだけで上位10%の希少性を持った人材になることができます。

「10%しかいない」というのは何も難しいものではありません。

 

ちゃんとやれば成功率は100%になる

私は英検1級に合格し、TOEIC900点以上取れた時に「これはいけた!」という確信がありました。なぜならしっかりと勉強をして実力を付けていたからです。試験は実力があることを証明するものですから、実力があって受験すればそれはもう合格率100%です。実力をつけることができれば何回受験しても合格します。

投資も同じです。私は株式投資からはじめてFX、不動産、仮想通貨と色々やってきましたが着実に資産を増やし続けることができています。別に「俺はすげーんだ」と言っているわけではなく、やるべきことをやっているので勝つのは当たり前だと思っているからです。短期勝負を避け、納得の行くまで投資する銘柄の情報やマーケットの情報を集め、期待値が高いものにしか絶対に勝負をしないと決めて、損切りをする時は感情を入れずに機械的にする…。こうすれば何度か損切りをすることになってしまっても、中長期的に見れば勝つ回数が多くなります。多くの投資家が「コツコツ」と利益を積み上げて、「ドカン」と負けてしまいますから、その要素をなくす投資スタイルを取れば滅多な大負けにはならないということです。

フルーツギフト・肥後庵のビジネスもシステムにかかる経費は毎月1万円程度、広告宣伝費は0円経営ですから資金ショートで廃業する確率は0%です。その気になれば何十年でも永続させることが可能です。

成功率の低さに怖がることは全くありません。成功率を下げているのは、負けるべくして負けている人たちです。

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

肥後庵のフルーツギフトは一般のお客様はもちろん、コンサルティング事務所経営者や有名人、研究者など社会的に上級職についている方にご利用頂いています。また、法人様も売上3兆円を超える大企業の接待手土産や芸能プロダクションのお中元、お歳暮にご愛顧頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る