ビジネスが上手い人が投資も上手い理由とは?

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

一年間くらいずーっと悩み続けた結果、とうとうiMac 5Kを買ってしまいました!(写真は購入したiMac)私は20年くらいWindowsを使い続けてきたのですが、下記のイベントに脳天直撃された結果、まんまと買わされてしまいました。思い切り、アップル社の策略(?)に乗せられてしまったわけです。

「Today at Apple」はレッスンではなく、エンターテイメント

2017年11月21日



「HDD+SSDのフュージョンドライブだと速度が遅い」、という声をよく見かけたので購入したのはSSDタイプです。メモリも16GBプラスで加えて、トータル24GBにしました!電源ケーブル以外は配線0というスッキリがとても気持ちいいです。

購入したマシンでトレード!

買ったばかりのマシンで早速やったことはトレードです(笑)。0.000011まで下落したDLT/BTCに買いを入れて、寝ている間に0.000013に急騰したタイミングで利確できました(+18%)。RSIが30を切っていましたし、DLTにはファンダメンタルズでも「ここから上がる」と確信を持っていたので、勝算のあるトレードでしたね!iMacの購入費用は25万円ほどになりましたが、この短期トレードで利益が出たことで購入初日でiMac代の元を取る事ができました(笑)。

私はしょぼい自慢をしたいわけではありません。「確信を持てる時だけエントリー、命綱である損切りルールを徹底すれば、投資は本当に勝てる世界だ」といいたいのです。私も20代はまったくの投資未経験者で、「稼いだお金は全額フル貯金」というくらいの「リスク大嫌い人間」でした。本気で勉強をして経験を積めば難しいものではありません。「いつか投資やビジネスでお金の稼ぐ方法を紹介するブログを立ち上げたいな」とふと思うことがあります(いつ実現するだろうw)。

さて、本題に入ります。周囲の億を稼ぐビジネスマンは例外なく、投資をしています。途中から経営者ではなく、専業投資家へ転身した人も何人もいます。そしてビジネスが上手な人は、投資も上手にやっているのです。なぜか?ということを取り上げたいと思います。

 

経営と投資には共通点が多い

「経営と投資はかけ離れている別もの」と思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、実はそうではありません。私は経営も投資も両方やっていますが、両者には多くの共通点があるのです。

経営:従業員をマネジメントして利益をあげる。
投資:お金をマネジメントして利益をあげる。

経営:売上-経費=利益
投資:利益確定-損切り=利益

経営:短期的にすぐに儲かるビジネスはリスクが大きい。長期的な取り組みが重要。
投資:短期トレードはリターンも得られるが、リスクも大きい。リスクを抑えるなら長期投資。

経営:自社の立ち位置や業界の動向など、情報が命である。
投資:相場観や価格に影響の与えるニュースなど、情報が命である。

他にもたくさんあります。経営は他社が提供していないビジネスをすることで、付加価値を提供し、それによって利益をあげるものです。まだ他でやっていないことを自社ですることに意義があります。投資は本来の価値より割安になっている銘柄に投資をして利益を上げます。他者が注目していない銘柄、もしくは市場が暴落して割安になっている銘柄に投資をすることで取得単価を抑えて、大きな利益を追求します。

このように経営と投資には多くの共通点があります。それゆえに、経営が上手な人は投資も上手であることが多いのです。

 

「秒速で億を稼ぐ」の与沢翼さんも経営者→投資家へ

一時期、一世を風靡した秒速で億を稼ぐ男、与沢翼さん。経営者時代の彼がいくらくらい稼いでいたのかはわかりませんが、年収一億円はくだらないものだったと想像しています。

そんな彼は今、日本を離れて専業トレーダーとして2億円で購入したブルジュ・ハリファに住んでいます。すでに一生分のお金を稼ぎ、ひたすら不動産や株を買い漁っているということがYouTube動画で明らかにされています。

彼は経営者としても成功し、そして投資家としても成功をおさめています。このことからもビジネスと投資には共通点が多いと言うことが分かりますね。

 

短期的に大きく稼ぐのは難しくても長期ならいける

ビジネスも投資も失敗する理由は決まっています。それは「短期思考」を持っている人たちです。「やるならすぐに稼ぎたい!」「即月収100万円!」というすぐに稼ぎたい!とマインドです。

なぜ短期思考を持つと失敗するのか?ビジネスで短期思考に走ると、成果がでなければすぐにやめてしまいます。「月収100万円!」と飛びついたものの、最初からそんな売上を作ることはできません。で、バカバカしくなって放り出してしまうわけです。ビジネスはまだいいのですが、問題は投資です。

短期思考で投資に挑むと持っている資金を全部失ってしまいます。なぜならそうした人たちは必ず、損切りをせずに短期トレードをやるからです。短期トレードは金融のプロフェッショナルたちが敗退する世界です。長期トレードは投資先のビジネスが大きくなることで、投資家全員が利益を得られる優しい世界ですが、短期トレードは他者を出し抜く「競争の世界」です。素人が気まぐれに迷い込むと、それこそ身ぐるみを剥がされてしまいます。

ですので、命綱が絶対に必要です。命綱とは損切りの事。損切りができないなら絶対にトレードはやらないでください。そして、損切りができないというのは、経営者でいえば「経費を管理できない」ということです。経費なきビジネスはありません。私もフルーツギフトビジネスを経営していて、日々の人件費やフルーツの仕入れ代やその他諸々の経費をしっかりチェックしています。損切りをしないということは、こうした費用をまったく無視して売上だけを求めて経営をするようなものなのです。

ビジネスと投資は面白いほど共通点があるのです。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る