世の中に悪い人はいない、自分とは合わないというだけ

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

性善説、性悪説という言葉があります。言葉の定義としては次のようなものです。

性善説:人は生まれつきは善、成長して悪行を学ぶ
性悪説:人は生まれつきは悪、成長して善行を学ぶ

あなたはどちらが正しいと考えるでしょうか?私は性善説を強く信じています。現在2歳の長男は本当に屈託のない、純粋過ぎる笑顔や、ピュアで天使のようなキレイな心を見せてくれます。どんな凶悪犯でも、最初はこんな可愛くて純粋な時期があったのだと思うと、「生まれつき悪である」という性悪説は私には信じられないのです。

そもそも「根っから心が真っ黒な悪党」なんて、世の中にはいないと思っています。人間誰もが愛を求め、人心交流を求め、自分を理解してくれる相手を求め、「彷徨い続ける民である」と考えています。自分の思う結果が得られない時、一部の人が社会に牙をむくというもので、本当は犯罪者も愛を求める、ごく普通の人間だと私は思うのです。

 

世の中には合う人と合わない人がいる

世の中には根っからの悪党はいなくても、自分に合う人と、どうしても合わない人がいます。合わない人とはどれだけ時を重ねようとも、分かり合うことはありません。

人は同じレベルでしか付き合えません。例えばお金持ちになると、初対面の相手にぺちゃくちゃ自分のことを話さなくなるといいます。その理由は、意図せず自慢に取られてしまう事があるからです。「私は家のインテリアを整えるのが大好きで、この間思い切ってロイヤルコペンハーゲンを買ったの!」と言われて、「おお!いいですね~やっぱり使い心地は違いますか!?」と興味を持つ人も入れば、「なんだよ、自慢かよ」と脊髄反射的に言ってしまう人もいます。でも後者の人も悪気はなく、単に率直にそう感じて口に出しているだけなのです。

私も意図しない自慢に取られてしまう経験を何度もしました。「○○のメディアで記事を書いた」、という投稿にし対して「自慢だ」と言われたり、「この件の問題点はここにある」と書いたら、「上から目線で語るな」と言われることもあります。リアルの場でも、かかってきた英語の電話に英語で答えて電話を切ると、「なに?今のは英語できますよというPRですか?」と半笑いで言われたこともあって、本当に人の思考の多様性には驚かされる事があります。

最初の頃は、「自分のどういうところがダメなのだろうか」と心を痛めたものですが、今では何を言われても傷つくことはなくなりました。合わない人とは、どうしようもなく自分とは合わない人間で、別にムリに相手に合せる必要はないと思うようになったからです。

 

会社員で働く上で私が感じたデメリット

私は会社員として働く期間もそれなりにあったので、会社員というワークスタイルにはまったく否定的ではありません。ずいぶん楽しい時間を過ごさせてもらい、ビジネスのいろはも学ばせてもらったので、お給料を頂いた以上に働いてきた会社には感謝をしています。

しかし、合わない人とも付き合っていかなければならない、という点においては「会社員というワークスタイル」の大きなデメリットだと考えています。今の私はお互いにいいと思った相手とだけ付き合っています。嫌な人とはお付き合いをなくしていくという選択肢があるわけです。でも会社員時代はそれが出来ませんでした。合わない上司もいましたし、合わない同僚もいました。それでもうまく、我慢して付き合っていかなければいけません。

今ではそうした事はなくなりました。合わない人とは距離をおき、合う人とだけ付き合えるようになれたわけです。

 

合わない人に悪意はない

自分とは合わない人は「この人は自分に悪意を持っている」と思ってしまいがちですが、実はそうではありません。配慮のない言い方が気になる人は、大体どの人にも同じ対応をしているものです。すぐに感情的になる人は、あなたにだけ怒っているのではなく、誰に対しても感情的です。

でもそうした「自分には合わない行為」は、たまたまその人には合わないだけで、別に気にしない人もいるのです。結果的に性格が合わなかっただけのことで、「あいつを困らせて不幸にしてやれ」なんて考える根っからの悪人はそうはないと私は思っています。

 

合う人とだけ付き合えばいい

合わない人とはどこまでいっても合わないものです。

表層的にはうまくやれていても、心から気分良くというわけにはいかない事が多いのではないでしょうか。で、あればやはり「合わない人とはそっと距離を離す」のが答えだと思います。自分と合わない人に付き合って、我慢して時間を使う必要はありません。会社員をやると仕事上、どうしても付き合いにならざるを得ない場合はありますが、プライベートの時間まではそうする必要はないと思います。

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

高級フルーツギフト 水菓子 肥後庵

肥後庵のフルーツギフトは一般のお客様はもちろん、コンサルティング事務所経営者や有名人、研究者など社会的に上級職についている方にご利用頂いています。また、法人様も売上3兆円を超える大企業の接待手土産や芸能プロダクションのお中元、お歳暮にご愛顧頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る