文句を言うために凄まじい行動力を発揮する、不思議な人達

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

世の中には文句たれがいます。建設的、生産的なことにはびた一文動かないのに、文句を言うためならどんな面倒で、時間のかかることもいとわない不思議な人たちです。私はビジネス雑誌や、ネットメディアを使って問題提起はしますが、不満を感じたことでも基本的に文句は言わずに黙って離れるタイプです。ですので、文句をいうことにエネルギーを注ぐ人たちの思考がとても不思議に感じてしまいます。

 

自分に合わない物をわざわざ探して文句を言う不思議な思考

高級レストランや高級ホテル、高級品は何のため、誰のために提供されているのでしょうか?それはとっておきのイベントや、非日常感を味わいたい人向け、お金に余裕がある人向けに提供されているわけです。高いクオリティだからこそ、高価なプライスで提供されているわけです。

しかし、そんな高級品、高級サービスを本来必要としない人たちが、わざわざ自分たち向けではない商品やサービスを取り上げて「高い!ボッタクリ!」と騒いでいるのを目にすることがあります。高クオリティのものを享受するには、当然に相応の対価が必要です。どれだけ高くても、それを喜んで支払う人がいるからこそ、経済社会に存在しているわけです。高級品はそれを必要としていない人には提供されていないのに、わざわざ探し出して文句を言うので意味がわからないのです。自分に必要としないと感じるなら買わなければいいだけのことで、そこにエネルギーを注いでまで、一生懸命文句をいう意味がわかりません。

「自分はカレーが嫌いだ!カレーはこんなにも嫌いなんだ!」

と主張しなくても、黙って食べなければいいだけだと思うのですが…この思考にはいつも不思議に感じます。

 

未体験のものを酷評する不思議な人たち

世の中には価値あるものが無料で提供されているケースがあります。ネットのメディアなどはその好例です。私も大手のメディアに記事を寄稿するなどをしており、読者はそれを無料で読むことが出来るわけです。

しかし、どんなジャンルの記事を書いても、必ず酷評してくる熱心なファンがいます。ここではそのファンの事は明らかにしませんが、英語学習法でも、フルーツビジネスでも、ギフトビジネスでも、ネットマーケティングでも、食の健康でもとにかくどんなにデータソースを明らかにして、論理的な矛盾を排してても毎回目ざとく私が書いた記事を発見して、大量に文句のコメントをおいていくのです(ヤフーコメントに登場してくれますw)。

彼?彼女?のコメントを見ていると、どうやら私の書いた物を最後まで読んでいないのですが、熱いコメントを残していってくれているようです。例えば、夏の時期に栽培が可能になった冬のフルーツについて取り上げたところ、「季節外れもいいところだ。旬の時期を勘違いしているフルーツビジネスジャーナリストってどうなの?」といったコメントを頂きました。内容は「季節外れの旬のフルーツがある」というニュースを書いていますから問題はないはずです。おそらく、記事のタイトルか、イメージ写真だけを見て、内容を判断して文句を書いているのだと推測されます。

読んでもないものに読書感想文を書いていく、不思議な思考をする人がいるのです。

 

文句を言う人は優位に立ちたい願望がある

思うに、文句を言うことがライフワークになっている人たちは「相手より優位に立ちたい」という願望があるものと推測されます。自分が上に立ちたい、という願望は社会的な承認欲求というマズローの欲求段階説で明らかになっているので、なるほど納得の行く話です。しかし、相手より優位に立ちたいなら、努力して能力やスキルを磨けばいいのですが、それをせずに相手を貶めることにより、相対的に自分が上に立ったという「錯覚」に浸りたいのでしょう。

貴重なエネルギーや限られた時間を精一杯使って、文句ばかりいう人の気持は理解できますが、共感はできません。ちなみにこの記事は文句ではなく、自分が理解できない相手の思考を探求する目的で書かれましたので、念の為(笑)。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る