ルイヴィトン男を見下す人たちに反論する

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

私はルイヴィトンというブランドが好きで、長財布やマグカップ、服、バッグ、その他いくつもグッズを持っています。その理由はいくつかありますが、一言で言えば好きだからです。しかし、ネット上を見てみると、

「ルイヴィトンは女性が持つもの。男が持っていると引く」
「今どき、ヤンキー中学生でも中古品や偽物を持っているのでダサい」

という一部から散々な意見が出されており、ルイヴィトンファンとしては大変残念な気持ちになってしまいます。なぜ、ルイヴィトン男は嫌われてしまうのか?ビジネスの観点から、持論を述べてみたいと思います。

 

人気があるものはアンチも多い

日本一のYouTuberはヒカキンさんですが、おそらく日本一アンチの多いYouTuberもヒカキンさんではないでしょうか。なぜなら、知名度が多く、人気も高いものは必ずアンチが存在するというのが世の常だからです。「人気はないけど、アンチだけいる」というものは存在しえないのです。

ルイヴィトンは世界屈指のブランドの王様であり、知名度は他のブランドの追従を許さないレベルに君臨しています。日本人に限らず、世界中の人から求められ買われているブランド、それがルイヴィトンなのです。その人気故にアンチも存在すると考えるのが普通です。

「ルイヴィトン持って、優越感に浸っているのはダサい」
「これ見よがしにブランドロゴを見せつけるのってどうなの?」
「どれもこれも似たようなデザイン。自分なら買わない」

そうしたアンチの意見はごもっともで、人気故にアンチがいるというのはビジネスの観点から自然なことです。


ルイヴィトンの品格を貶める一部の人たち

問題はルイヴィトンそのものにあるのではなく、ルイヴィトンの権威性を借りている一部の人達の存在です。

安い服装とボロボロのサンダル姿で、バッグだけルイヴィトン。
学生がお小遣いをためて、偽物のルイヴィトンを身につける。
ローンで無理して購入したルイヴィトンのバッグでママ友をマウンティング。


こうした行為に眉をひそめる人たちがいて、その矛先がルイヴィトンというブランドに向いていると思うのです。どんな商品、サービスも使いようです。薬は正しく飲めば身体の不調を改善する力を持っていますが、飲みすぎるとオーバードーズといって毒にもなってしまうのです。ナイフも果物や野菜を切る道具にもなるし、人を傷つける武器にもなります。ルイヴィトンというブランドも、オシャレなファッションを楽しむアイテムにもなりますが、同時に使い方を誤れば相手の反感を買ってしまうこともあります。

私はルイヴィトンの品格は、一部の人達の誤った使い方によって貶められていると感じています。

 

ルイヴィトンのメリットは「自慢」ではなく「便利」

私の場合、ルイヴィトンを愛用する最大の理由は「便利」だからです。

長財布やバッグなどについては、「なんでこんなに頑丈なんだ?」と驚いてしまうほどの堅牢さがあります。今使用している長財布は、使い始めて6年以上経過しています。最近になってスマホ決済メインになるまでは、頻繁にお金の出し入れをしていたにも関わらずほとんど傷が付いていません。かなりハードに使っていたのに、財布の内側は傷もついておらず、非常に綺麗な状態が維持できています。私は革製品の専門知識がありませんので、なぜこんなに堅牢性があるのかは分かりません。しかし、ルイヴィトンの革製品は「頑丈だから便利」というのが一番のメリットに感じています。それまでは1万円の財布を使ったりしていましたが、あっという間にボロボロになってしまい、人前で使っていてみっともないので買い替えを余儀なくされて不便に感じていました。

ルイヴィトンのデザインはスタイリッシュで、とても魅力を感じます。しかし、それ以上に「素材が頑丈で便利」というのが一番だと思っています。

 

アンチとは付き合わなければいい

ルイヴィトンを下に見る人が存在するのは、前述した通りブランドを毀損するようなマウンティングの道具に使う人達がいるからです。私はイチ、ルイヴィトンのファンとしてアンチの存在は残念に思うのですが、「自分はマウンティングとして使っているのではないんだよ」と弁解して回るのは現実的ではありません。といっても、わざわざルイヴィトンの使用を控えて不便な思いをするのも、本望ではありません。そこで導き出された結論としては、「ルイヴィトンを好きで使っている人を見下さない人と付き合う」という答えです。人が使っているものに、「それダサいよ」と自身の価値観を無理やり押しつけをする人と無理して付き合う必要はなく、「ルイ・ヴィトンって頑丈でいいよね」と分かり合える人と同士でお付き合いすればいい、と思うわけです。

もちろん、私は「これ見よがしにブランドを見せつけるような下品な真似をすることはしない」、ということを付け加え、この記事の末筆としたいと思います。

 

■無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る