個の時代、個人メディアは「本音」が求められている

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

ネットにビジネスやマネーが流入し、個人がメディアで発信できる時代になりました。いわゆる、「個の時代」と言われているものです。法人の大手メディアが優秀なライターをいくつも抱えて、個人が真似のできない信用と数で攻める時代において、個人が生き残るには「本音」で勝負するしかありません。

Twitterでのつぶやきも常に本音でいきます。

 

本音のブログにはアンチとファンができる

この公式ブログは比較的、落ち着いた文体で話を展開しています。が、英語ブログは言いたいことを歯に衣着せぬ物言いでバンバン好き勝手言っています。もちろん、他社・他人を誹謗中傷したり、社会に迷惑をかける事はしていませんので、自由といえば自由です。ですが最初の頃は批判を恐れていた時期もありました。「こんな過激なことを書いて、山ほど批判が送られてきたらどうしよう」と。しかし、その結果待っていたのは意外にも「熱烈なファン」の存在です。かしこまり、お行儀よく、丁寧なメディアばかりが世の中にある中で、本音全開で「ダメなものはダメ!」と言い切る事で強く共感をしてくれる人が表れたのです。本音全開でいってよかったなと思います。

もちろん、熱烈なファンもいる一方で怒り狂ったアンチもいます。何か書けばすかさず「バカなことばかり書いて、頭悪いんじゃないの?w」とメッセージが送られるのです。建設的な内容で、自分とは異なる意見であるなら、きちんと誠意を持って返信をしています。しかし、人格否定や中身を読まずに送ってくるメッセージには、一切返事をしていません。

このように本音全開のブログにはアンチもファンも両方生まれるのです。

 

法人メディアが真似できない事をする

百戦錬磨の先輩経営者からすると、私はまだまだ青い部分もあるでしょう。しかし、曲がりなりにも数年間ビジネスをしてきて得られた事は、「とにかく強者の土俵に入らない」という戦略です。言い換えれば、法人メディアが真似のできない事をする、ということです。

弱小の個人メディアは法人メディアのように、とてつもないPV数を稼ぎ出すのは現実的ではありません。人や信用という面でも、広告費というリソースでも勝つことはできないからです。しかし、決して多くない訪問者から熱烈に共感してもらうものを作る事はできますし、実際それをビジネスとして取り組んでいます。その正体こそが「法人メディアが真似のできないこと」なのです。

法人の企画会議で間違いなく却下を食らいそうなもの、企業イメージを損なう恐れがあって手が出せない事を取り入れます。英語ブログでそれを体現し、ありがたいことに支持を頂いた事でこの考えは「弱小の個人ビジネスが取るべき戦略として間違いなかった」と思うようになりました。

個人のビジネス、メディアが取り組む戦略は、大手が真似のできない事をやるべきです。大手と横並びになった瞬間、待っているのは戦いにすらならない圧倒的敗北です。

 

「本音」こそ個人ビジネスが必要なマーケティング

個人ビジネスが取るべき、いくつもあるマーケティング戦略の中で大事なものの一つは「本音」だと考えます。

リアルでも、ネットでも本音はなかなか出しづらいものです。キラキラしたイメージを持たせたくて、言いたいことを抑えて大衆受けが良い言葉を並べるのは、個人には求められていません。それは大手の仕事なのです。個人はとにかくウソなしの本音全開でいくべきです。私は英語を独学で英語多読によって身につけました。その学習ノウハウをブログで提供しています。その際、英会話スクール、ワーキングホリデー、語学留学は徹底的に不要だと訴えています。下手をすると彼らから敵対視される可能性もあるでしょう。実際、英会話で頑張っている方から、激しいアンチメッセージをもらうことはしょっちゅうあります。しかし、このようななかなか言いづらい本音をズバリと言うことこそ、個人に求められるのです。大手でそれをやると、企業イメージが毀損するのでなかなかできません。だからこそ、個人でやるべきなのです。

私は今後も「本音」というマーケティングで取り組んでいこうと思います。自分を飾り、聞こえのいいセリフを並べ、オブラートに包んだ物言いは捨てたのです。

■無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

黒坂岳央の公式メールマガジン

黒坂岳央の公式メールマガジン

無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る