楽しめれば別に商業的でもいいじゃない!?恵方巻き騒ぎに一言

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
あなたは先日の節分の日に恵方巻きを食べたでしょうか?ここ数年間で強制買い取りや大量廃棄、ゴリ押しやステマはやめろ!と社会的問題になっていますよね!

私はこの騒動については確かに問題点はあるものの、そこまでダメだダメだと叩かれまくるものでもないと思っています。確かに最近の恵方巻き猛プッシュは縁起を担ぐイベントというより、商業的な意味合いは強い、そのことは認めましょう。しかし、ネットの反応を見ていると「恵方巻きイベント自体は全部ダメ!大量廃棄やステマ許すまじ!」と鼻息荒く憤っている人が多いように思えます。

今回は私が感じている事をお話したいと思います。

 

大量廃棄ばかりが注目されるけど、楽しんでいる人は存在する

 

もしかしたらあなたも「恵方巻きなんてくだらない!」と内心イライラしている一人かもしれませんが、これまで恵方巻きを食べたことがあるでしょうか?私は何度かこのブームに乗っかってみて食べた事がありますが、結構おいしく作っているなあと思いましたよ。

海の幸を詰めたものや、サラダ巻き、牛肉巻など色んな味があり、小さいサイズのものをいくつか食べてみましたがかなりおいしかったですね!また、食べる時は友人や家族と一緒に

「こんな味があったから買ってきたよ!」
「恵方の方角ってどっちだっけ?」
「黙って食べないとダメなんだよね」

などいいながら楽しんで食べました。こういう問題ってダメな部分ばかりが強調され、叩かれてしまう事が多いのですが、私は楽しんでいる人がいるなら「アリ」だと思うんですよ。確かに大量廃棄や強制買い取りはあってはならないことだと思いますが、それは別の問題として取り扱うべきです。「くだらないからやめてしまえ!」という意見の他には「友人や家族と楽しくおいしく頂きました」というポジティブな意見も確実に存在することを忘れてはいけないと思います。

 

恵方巻きが大量廃棄、ゴリ押しされるのは商業的事情

恵方巻きの問題となっている大量廃棄やゴリ押しになっている背景には商業的事情がありますね。ものにもよりますが、恵方巻きには高級食材は使われていませんし、ハッキリいって他の食べ物よりも割高だと感じます。でも購入する人は縁起物で季節ものだから、と販売価格を吟味せずに買い物かごへ入れていきます。

海苔業界とコンビニ業界が日本人なら誰もが知っている節分の日に着眼し、豆まき以外の消費を作りたかったといわれています。「縁起物とかいいながらお金稼ぎの商売なんでしょ!」という反発が出て来る気持ちはよく理解できます。確かにその通り、否定はできません。

 

商業的なイベントは他にもたくさんあります

でも商業的な色の濃い食イベントって恵方巻きだけじゃないんですよ。夏の土用の丑の日にうなぎを食べましょう!というのは江戸時代に消費が落ち込んだうなぎビジネスを盛り上げるためのものだったといわれています。本来のうなぎの旬は冬なので、夏に食べることはあまり理にかなっていませんよね?私も昔勤務していた会社で「土用の丑の日にみんなでうなぎを食べに行かないか?」と誘われた経験があります。でもなぜうなぎをこの日に食べるのか?という合理的理由は持っていませんでしたね。ただただ「土用の丑の日はうなぎを食べる日だからだ」というそれだけの理由です。でもみんなでうなぎをおいしいといいながら食べた時間はとても楽しかったですし、何も問題はないと思います。

商業的事情によるイベントはその他にもたくさんあります。バレンタインデーもチョコレート業界のマーケティングですし、クリスマスのチキン(本来は七面鳥を食べるはずなのに)やケーキ、母の日のカーネーションなどほとんどのイベントもその日に買う合理的理由はありません。そして売れ残りや廃棄処理は恵方巻き程は叩かれませんね。

ぶっちゃけ、商業的事情と関係のないイベントなんてほとんどないんですよ。でも恵方巻きだけはめちゃめちゃ叩かれているのは単に近年になって流行り始めた新興勢力イベントだからでしょう。ただそれだけなんです。

 

コミュニケーションとしての食イベントならいいじゃない

私は恵方巻きイベントはコミュニケーションツールになればいいと思っています。

「今日は恵方巻きを食べる日だから早く帰ってきてね」
「恵方巻きを食べてどんなお願いをしたい?」
「これおいしいね!」
「ねえお母さん、なんで節分の日に恵方巻きを食べるの?」

など家族で会話が生まれるならそれはもう価値ある食イベントだと思うんですよ。節分の日においしい恵方巻きを食べ、コミュニケーションに役立ててくれるなら。

物事のダメな点を叩くのは簡単です。バレンタインだってもう60年もチョコレートを贈る日になっていますし、クリスマスも割高なケーキを販売しています。でもそれで家族や友達と楽しい時間を過ごす日になっているのであれば素晴らしいことじゃないですか。大人には関係の薄かった節分の日も、恵方巻きのおかげで再び注目されて楽しい時間を過ごすことができれば大いに歓迎されるべきです。

10日間YouTube動画で学ぶギフト上達講座

10日間YouTube動画で学ぶギフト上達講座

ギフト初心者からスタートして、講座完了後には会社の上司やお世話になっている取引先の重役、目の肥えた目上の方へも 気後れなく喜ばれる一生使えるギフトノウハウが身につけられます。

また、人生一度きりのチャンス、結婚式引出物や出産内祝いに活用することで、忘れられない感動の贈り物ができます!有料ギフトセミナーレベルのノウハウを、期間限定・完全無料にてお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です