お中元ギフトのお礼状はこう書こう!(取引先の社長宅宛)

お中元ギフトのお礼状はこう書こう!(取引先の社長宅宛)
こんにちは!肥後庵の黒坂です。
思いがけずにお中元ギフトを贈ってこられた場合や、相場より高い贈り物を頂いた場合、またはとても良いお品を受け取った場合などはお礼状を書くようにしましょう!普段から電話やメールで頻繁にやり取りをしているなら、電話メールでお礼を伝えても構いませんが、あくまで相手はビジネスの取引相手です。しっかりしたお礼状で感謝の気持ちを伝える事が出来るのが格式高い一流の心遣いというものです。

今回は社長宛に贈り物をする場合の文例をご紹介していきましょう!

 

(例文)取引先の社長宅へ

株式会社熊本フルーツギフト
代表取締役
黒坂様

拝啓 盛夏の候 貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度は思いがけず、お中元ギフトに旬のフルーツギフトを頂き誠にありがとうございます。スイカとメロンの詰め合わせという粋な贈り物に黒坂社長のセンスを感じました。早速家族で頂きましたが味が濃厚で上品な甘さがたまりません。おかげで清涼感のある夏を過ごすことが出来そうです。

お返しとしまして心ばかりの品を贈らせて頂きました。温かいご飯に合うと評判の熊本の佃煮でございます。以前に佃煮がお好きと聞いて選びました。ご笑納下さいませ。

これから夏本番を迎えます。お体に気をつけてお過ごしくださいませ。
敬具

平成28年7月
株式会社肥後庵
代表取締役 廣瀬

 

(解説)取引先の社長宅へ

株式会社熊本フルーツギフト
代表取締役
黒坂様

拝啓 盛夏の候 貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

お礼状を手紙で送る場合は相手の会社名、役職、名前の順に書くようにして、文章の最初は夏の挨拶を入れるようにしましょう!

 

この度は思いがけず、お中元ギフトに旬のフルーツギフトを頂き誠にありがとうございます。スイカとメロンの詰め合わせという粋な贈り物に黒坂社長のセンスを感じました。早速家族で頂きましたが味が濃厚で上品な甘さがたまりません。おかげで清涼感のある夏を過ごすことが出来そうです。

毎年、ずっと贈り物をしている相手であれば書く必要はありませんが、もしも想定外にお中元ギフトを受け取ってしまった場合は「思いがけず」という表現を使うことで控えめな姿勢を演出できますよ。

それから贈ってもらったギフトの中身についてコメントをしましょう!「スイカとメロンが届いた」という事実だけでなく、食べてみてどうだったのか?まで書くことができればギフトの達人として一流の心遣いになりますね。贈り物をする側は「これで喜ばれるかな?」とあれこれ考えながら喜んでもらうためにとっておきの逸品を選んでいます。その心遣いをしっかりキャッチするためにも頂いたギフトへのコメントは必須と考えるようにしましょう!

 

お返しとしまして心ばかりの品を贈らせて頂きました。温かいご飯に合うと評判の熊本の佃煮でございます。以前に佃煮がお好きと聞いて選びました。ご笑納下さいませ。

想定外に相手からギフトを頂いた場合はお返しを贈ることもあるでしょう。その際はどんなものを贈るのか?どういう理由で選んだのかを書くようにしましょう。今回の例では「ご飯に合う熊本の佃煮」を贈っていますが、その理由に「佃煮が好きだと聞いたから」とコメントしていますよね。このようにお返しギフトを選んだ理由を伝えることで喜ばれますよ。

 

これから夏本番を迎えます。お体に気をつけてお過ごしくださいませ。
敬具

平成28年7月
株式会社肥後庵
代表取締役 廣瀬

そして最後は相手の健康を気遣う言葉で締めとなります。夏のお中元なので夏バテや熱中症に気をつけてください、と伝えるのも良いでしょうね。

 

<参考リンク>

ビジネスお中元マナーやメッセージの文例集、喜ばれる贈り物ヒントがたくさんあります。ぜひご参考下さい。

<PC>肥後庵公式サイト お中元特集ページ

<スマホ>肥後庵公式サイト お中元特集ページ

<YouTube動画版はこちら>


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください