会社のイベントでビンゴゲームをする?あーじゃあこの記事読んでおいて

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
私が会社務めをしている頃、いろんな会社のイベントを企画する幹事にさせられる事がありました。その時は「うわー、仕事が忙しいのに幹事までやらなきゃいけないの!?」とゲンナリしていましたが、思い返せば良い学びもたくさんあったな!と思うようになりました。

というのも先日、お花見の景品を探しているというお客様がおられましたので、色々とアドバイスをさせて頂き、最終的に春スイカをご注文頂いたからです。勤め人時代は「嫌だなー」と思っていましたが、アドバイスをさせて頂くことが出来たのはやっぱり昔幹事で駆け回った経験があるからです。「あの時会社のイベント幹事をやって本当によかった~」と思ったので、今回ちょっとそれについてお話をさせて頂きたいと思います!

 

意外と多い「ビンゴゲーム嫌い派」の方々

会社の売上達成パーティーやお花見、忘年会、新年会などでビンゴゲームをやる人って多いじゃないですか?ビンゴゲームって熱くなる人は本当にスゴイもので、普段はコツコツ大人しく仕事をしているのに「うぉおおお!!ダブルリーチきたあああ!!」と叫んでいたりしてなかなか面白いですよね!

でもそんな盛り上がる人もいる一方で、淡々としている…いや配られたビンゴカードを切り取るわけでもなく、じっとしているおとなしい人がいます。ビンゴゲームに集中するあまり、無言になっているのではなくてどこか冷めているような…。あなたもそのような人を見たことがありませんか?いや、もしかしたらあなた自身、ビンゴゲームを冷めた目で見ている一人なのかもしれませんね!

そう、「ビンゴゲームって嫌いだ」という人は意外といるんですよね!「誰だよこんなもん企画したやつは!!」と言わんばかりにむくれている人もいるじゃないですか。あなたが幹事を任されることが多いのであれば安易に「ビンゴゲームはみんなが盛り上がる!」と考えないように気をつけましょう!ただうえ~い!とテンション高くやればみんな楽しめるわけではありません!そこにはきちんと工夫と気遣いをすることが絶対に必要です。

 

ビンゴゲームが嫌いな人が抱く「3つの理由」

ビンゴゲームが嫌いな人にはいろんな理由がありますが、大抵は

「ハナから当たらないとあきらめモード全開」
「ビンゴの景品が会費に含まれている事への不満」
「景品に魅力がない」

という3つがあります。

まず、最初に「んなもん当たるわけねーよ。参加者何人いると思ってんのよ?自分が数十分の1の確率に当たるとは思えない」とあきらめモード全開の方については、「ハズレ無しビンゴ」を用意してみたらいかがでしょうか?私が企画した時にはドン・キホーテにいってお菓子やら食べるラー油やらを買って、ハズレ無しビンゴにしていました。ですので、どうしても1位、2位といった特賞と比べると見劣りはするものの、それでも「参加したけど何ももらえなかった」という残念感のままトボトボ帰ることはありません。後でアンケート調査をしましたが、結構好評でしたよ!

それから次に「ビンゴの景品が会費に含まれている事に不満」というパターンです。そりゃ冷静に考えたらその通りじゃないですか?みんながお金を出し合って、上位3名くらいへ個人的なプレゼントをあげるようなものですから。外れたその他大勢の人にとって、ビンゴゲームはただ会費が高くなるだけで何も嬉しいことはありません。「ビンゴは会費が割高になるから行きたくない!それなら料理に還元してほしい!」という人もいるでしょう。ですので、ビンゴゲームをやるなら個人の財布からお金が出ない、会社経費でやるイベントの場合に企画するとこの不満は解消できます。そうすればたとえ外れても参加者は失うものが何もありません。

最後に「景品に魅力がない」というパターンです。これは私も過去に失敗したことがありました。高級肉、旅行券などは大変喜ばれたのですが、ワインセットやデジカメは大失敗しましたね。ワインもデジカメも興味がない人の手に渡ってしまい、その人は別の「ワイン好き」、「前からデジカメ欲しかった」といっていた人にそのまま渡していました。後に残るもの、嗜好品はいらない人も確実にいますので、これは外すべきでしたね。ビンゴゲームのプレゼントは形にない体験ギフトやグルメギフトがベストだと痛感した瞬間でした。

 

当たった人へ、幹事に景品の感想をいってあげて下さい!

ビンゴゲームはうまくいけば会場全体を熱狂させるイベントになりますが、一夜明けてしまえばみんなテンションは元通り、何食わぬ顔でまた仕事へやってきます。ビンゴゲームが当たった人、もしかしたらあなたがそうかもしれませんがその場合はぜひ幹事さんにお礼と景品の感想をいってあげて下さい!

これは幹事をしている人ならよーく理解できることなんですが、幹事になる人っていろんなところで幹事やってるんですよ!ですので、うまくいった余興や景品は次に活かしたいわけです。私もずっとそう思っていました。どの景品が喜ばれて、どれがダメだったのかすごーくフィードバックが欲しいと思っていましたね!ですが、やっぱりみんなビンゴゲームが終わったらそれで終了、もう口にすることがなかったので

「あの企画は喜ばれたかな?」
「あんまり嬉しそうな顔じゃなかったけど??」

と心配になるわけですよ。ですので、

「先週金曜日にもらった景品おいしかったよ!」
「家族みんなで食べたよ!」

とかいってもらえるとめちゃめちゃ嬉しいんです!そうすることでより良いイベント景品を準備することが出来ますし、それが回り回って会社でやるイベントのクオリティーが上がります。そうなると得をするのは参加者であるあなたでもあるので、ぜひ忘れずに幹事に「おつかれ!」という労いの言葉と「景品はこういう点がよかったよ(よくなかったよ)!」というフィードバックをよろしくお願いします!

<参考リンク>

法人用イベント・キャンペーン景品ギフトマナーや、喜ばれる贈り物ヒントがたくさんあります。ぜひご参考下さい。

肥後庵公式サイト 法人用イベント・キャンペーン景品ギフト特集ページ


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください