「ギフトのお祝いを英文メッセージで伝えませんか?」→相手がドン引きするパターン

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
先日びっくりしたものを見てしまいました。何かというと

「英語で送る!バースデーギフトメッセージ10選!」
「母の日に英語でお祝いするメッセージ集!」

といったサイトを見つけたんですよ。「Happy Birthdayもいいですが、Birthday Wishesも祝福の意味合いがこもっていて、喜ばれますよ!!」と書いていました。

いやいやいやいや、絶対におかしいですよねこれ!!こうしたサイトをいくつか見てみたのですが、「絶対に参考にしちゃいけないな」ということはよく分かりました。

「え?それの何がいけないの?」
「だって英語のメッセージってオシャレでかっこいいじゃん!」
「黒坂が英語を使えないからひがんでいるだけでしょ!」

と思ってしまったあなた、申し訳ないのですがすぐにその考えを改めましょう!(最後のは別にそう思われても構いませんが 笑)ここで全力全開でツッコミを入れておかないと、新たな被害者が出てしまいそうですので今回の記事を書いてみました。

 

自問してますか?「この行動は誰が喜ぶ?」

さて、これを読んでいるあなたに問いましょう。あなたは大切な人にお祝いをしてあげたり、ギフトをプレゼントする時は何をしますか?

「そりゃあ自分がしてもらったら嬉しいことをするよ!」
「相手の好みを考えてプランを練る!」

なるほど、素晴らしいですね!私もその通りだと思います。私も何か相手のためにする時には「これをしてもらったら自分は嬉しい」と思うことをします。当たり前ですよね?

じゃあお尋ねしますが(お!なんかオラついてるぞ自分)、あなたは英語のギフトメッセージをもらったらどう感じますか?嬉しいですか?英語ですよ英語。例えばこんなクリスマスのメッセージは?

A season for giving and sharing is what Christmas is all about. You shared your life with me all throughout the year. I thank you for that. Merry Christmas!

このメッセージをもらってあなたはどう思いますか?「は?なんで英語なの?throughoutってどういう意味?辞書使わないと読めないんだけど…いや、前半の文章は簡単な単語だけど構造がよく分からん…。Whatは関係代名詞だっけ??あーもう面倒くさいわ!!日本語で送ってこいよ!!自分ら日本人じゃん!!」ってなりませんか?

もしくは

Merry Christmas!

ってどう思いますか?「え?それだけ??」って思いませんか?それよりも

「一年に一度の大切なクリスマス、今年もあなたと一緒に同じ場所で同じ時間を過ごせることを心から嬉しく思います。あなたの大好きなマスクメロン、今年は僕と一緒に食べましょう!」

って書いてあったほうが嬉しくないですか?

英語でメッセージを書き出す”前”に、想像力を膨らませて次のように考えてみましょう。

「これって相手は嬉しいかな?自分が受け取る立場だと嬉しいかな?」

英語でギフトメッセージ送って喜ばれないことがなんとなく想像が付きませんか??

 

方言や外国語は「壁」を築く行為

私は大学生の頃、クラスメイトにコロンビア人と日本人のハーフの学生がいました。日本語はペラペラ、スペイン語もペラペラです。その人は基本的にいい人なのですが、怒るとスペイン語でまくし立てるんですよ。

私はスペイン語が分かりませんので、彼女が何を言っているのか一言も分かりません。早口でまくし立てた後、「フンッ!」と鼻を鳴らすのですが、バカにされたと感じましたねその時は。これは怒っているパターンでの話ですが、どういう感情であれ、相手の分からない、もしくは苦手な言葉で話すのはいい印象は与えませんので注意が必要です!

方言、外国語というのは分からない人にとっては「壁」に感じます。壁ですよ壁。目の前にそびえ立つ壁を築かれて喜ぶ人はいませんよね?せっかくのお祝いや祝福するギフトで壁を作って幸せになる人は誰もいない、ということです。例えばあなたも相手も関東人で、ギフトメッセージを津軽弁で

「おめでどーごし。お幸せサ」

と書いてきたらどう感じるでしょうか?

「何かの暗号??」
「オイオイどーしたこの人?ドラマか映画の影響でも受けたか?」

って思うはずです。ちなみにおめでどーごし。お幸せサとは

「おめでとう!お幸せに!!」

という意味なのですが、心から祝福してくれているとは感じづらいはずです(津軽弁をバカにしているのではありません念のため)。

 

ただし送っていいシーンもある

もちろん、英語のギフトメッセージを送っていい場面はあります。それは言うまでもなく、英語に堪能な相手である場合です。外国人でも、日本人でもお互いに英語が使えるのであれば別にわだかまりを生むことはありません!

結論的には英語が特段得意というわけでない、普通の日本人同士では英語のギフトメッセージを送っていい場面は存在しない、ということです。オシャレだからとか、カッコつけたいからという理由でギフトメッセージを英語にするのは止めましょう!ちなみに私が英語でギフトメッセージを送られたら、お返しギフトメッセージはエスペラント語で返信します(冗談)。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください