カタログギフトは日本のガラパゴス文化

カタログギフトは日本のガラパゴス文化
こんにちは高級果物ギフト 肥後庵の黒坂です。
カタログギフトは結婚式の引出物やビジネス向け、景品などあらゆるところで目にしますよね。あなたもこれまでカタログギフトを受け取る経験があったと思います。「ギフト選びに困ったらとりあえずカタログギフト!」「無難にいくならカタログギフト!」といった選び方をしている人も多くいるのではないでしょうか?

しかし、これだけ当たり前のようにカタログギフトが使われている国は「おもてなしの文化」の日本だけ、ということをあなたはご存知でしょうか?

海外では結婚式のギフトのみ

贈り物文化の国・日本では作法や心遣いにとても気をつけて数多くのギフトを贈っています。お中元、お歳暮、お誕生日にバレンタインデー等…これだけたくさんの贈り物するイベントがあるのは世界的に見ても珍しいのです。

しかし、そんな私たち日本人に慣れ親しんでいるカタログギフトを、外国人はほとんど使わないということをご存知でしょうか?私はアメリカに住んでいたことがあり、プチギフトから感動的な大きなギフトまで贈り、贈られる経験をしましたが一度たりともカタログギフトを見聞きすることはありませんでした。

アメリカやイギリスには結婚式のギフトにWedding listというカタログギフトにあたるものがあり、これくらいなものです。

カタログギフトは失敗したくない心の現れ

海外ではほとんど使われないカタログギフトという選択肢、なぜ日本ではこれだけあちこちで使われているのでしょうか?これは私個人の意見ですが、日本でこれだけカタログギフトが選ばれている理由は「失敗したくない」という心の現れによるものと考えています。自分が選んだギフトで相手をがっかりさせたくない、センスが悪いと思われたくないという心理によるものでしょうか。しかし、それは相手を思いやる心からではなく、自分を守ることが優先されたものになっているように思えます。

失敗したくないからといって、相手に欲しいものを選ばせるのは本質的にはギフトではないと思いませんか?一番大切なのはギフトに込めたあなたに心、温かい気持ちが伝われば贈り物がなんであれ相手は絶対に笑顔で受け取ってくれるはずです!

参考になれば幸いです。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

<YouTube動画版はこちら>




肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る