買う時に注意!「糖度が高い=甘い果物」という勘違いをしていませんか?

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
今はどこのネットショップでも「糖度◯度以上の甘さ!」という表現を見かけるのが当たり前になりましたね。「糖度センサーを通して甘いものだけをお届け!」というのをみると「そんなに甘いのだったらぜひ食べたい」と思って購入するボタンをポチリ、後日届いて食べてみると少し首をかしげます。「あれ?このみかんは糖度が何度以上書いてあったのにあんまり甘くない!誇大表現だ!」とプリプリと怒り出す経験、あなたにはないでしょうか?

今回は果物を購入する時の「糖度」を誤って理解している方が非常に多いので、正しい理解をするためにお話をしたいと思います!

 

人間の味覚は数字で判断するわけではない!

人間はロボットではないので、食べ物の味覚を数字で判断しているわけではありません。

あなたにも絶対に経験したこんな話を思い出してください。食後のデザートに甘いチョコレートやクッキーと、みかん等の柑橘果物が出てきました。最初にみかんを手にとって食べてみます。もぐもぐ…うーん、口の中で広がるあま~いみかんのおいしさがたまりません!そしてその次に今度はチョコレートやクッキーをパリパリと歯で砕きながら頂きます。甘くておいしいー!一気にチョコレートやクッキーを食べ切ってしまい、最後に残ったみかんに手を伸ばします。ポイッと口に放り込んでムシャムシャ…うえ、めっちゃめちゃ酸っぱい!!

この体験はほとんどの人がしていることです。あなたもこれまでの人生で体験していますよね?なんでだろう?と思いませんでしたか?別に食べている間にみかんが酸っぱくなったわけでもないのに…。これはチョコレートやクッキーがものすごい甘くいので舌がその強烈な甘さに慣れてしまい、その後に食べたみかんの甘さを拾えずに酸味だけを感じてしまうために起こります。すごくシンプルな話で、頭で理屈を理解しても何度食べても同じことが起こります。

人間の味覚は数字で判断しているわけではないことを理解してもらえたでしょうか?

 

大事なのは糖度と酸味の「バランス」です!

 

糖度だけ高いからといって絶対に甘いとは限りません!大切なのはどんな果物も持っている「糖度」と「酸味」のバランスなんです。

それを端的に表したのがレモンです。あなたはカットしたばかりのフレッシュなレモンにガブリ!と丸かじりできますか?酸っぱいのが苦手な人だと「ムリムリ!話を聞いているだけでもよだれが止まらないよ!」と思われたかもしれませんね。私も酸っぱいのが大好き!というわけではないので、その時の体調によってはレモンまるかじりはキツイ時があります(笑)。でもそんなレモンの糖度をあなたは知っていますか?実は7度から8度といわれています。これは一般的ないちごと同じくらいの糖度だ、というとあなたは信じられるでしょうか?「うそー?レモンといちごの糖度が同じくらいだなんて絶対にありえない!!」と思われませんでした?でもこれ本当なんですよ。レモンって実はかなり甘い果物なんです。糖度計にかけるとバッチリ高い糖度を指し示してくれます。ですが、その甘さを隠して見えなくなるくらい酸味が含まれているので人間にとってはまったく甘くない果物のように思えるわけです。

機械、数字は嘘をつきません。ですが嘘をついていたのは実はあなたの「舌」だった事はちょっと驚きではありませんか?

 

甘いものを食べたければ糖度だけをみるのをやめましょう!

それじゃ甘い果物を食べたければどうしたらいいんでしょうか?数字が信用できなければもうどうしようもないように思えてしまいますよね。

ズバリ、「人に聞く」というのが一番の答えです。ネットショップで果物を買うならその販売者がなんと言っているのか尋ねてみてください。例えばレモンに糖度計を当てると「糖度は7-8度でいちごと同じくらい甘い」という答えが返ってきますが、レモンを販売している人にこのレモンは甘いですか?ときいて「はい」と答える人はいないでしょう。なぜならレモンを甘いと言って販売すると「食べたけど甘くなかった!」と後々にクレームに繋がってしまうからです。

私は運営している肥後庵の果物は「人間がどう感じるか?」という観点で本音を書いています。ショップにおいてあるどの果物もそりゃあもう日々常人の何倍も何倍も食べまくっておいしいものだけを出し、甘いと感じるものだけを「甘い」と表記しています。実際には甘さを感じないのに「糖度計が示した奇跡の甘さ!」みたいに書いているショップがありますが、大事なのは「その果物を購入したあなたが甘くておいしいと感じるか?」ということだと思うんです。糖度計が示しているから絶対的に甘いはず!というミスリードを招く売り方は私はしていませんね!あくまで自分が食べてどう思ったか?という視点でしか表現はしていません。

ですので甘いものを食べたければネットショップに聞いて買うのが一番です。あなたが甘いデコポンが好きなら「甘いデコポンが食べたい」と私にいっていただければ甘さが一番のったデコポンのタイミングをお伝えし、梱包時には1個ずつチェックしてしっかり甘いものだけをお届けします。

いかがでしょうか?甘くておいしいと感じる果物を買う時は糖度計の数字ではなく、販売者側の声に耳を傾ける事をオススメします!参考になれば幸いです。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る