~言葉は心を映し出す鏡~桜舞い散る春は目の前!3月の季節の挨拶

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
3月上旬はまだまだ肌寒さの残るものの、一日一日吹き抜ける風の中に暖かさも感じられるようになる季節です。「春」へと季節の変わる3月には次のようなキーワードがあります。

「春服」
「花のつぼみ」
「桜餅」
「よもぎ餅」
「チューリップ」
「ひな祭り」
「ホワイトデー」
「彼岸」

手紙を受け取った人が「ああ、もう3月になったのか」と季節の移り変わりにハッとするような文章にしましょう!

 

寒さと暖かさが交互にやってくる3月を演出する文章

 

これらのキーワードを使って3月の季節を表現する文章を書いてみましょう!

「頬を撫でる風に優しい暖かさの交じる季節。春を感じたくてお花見に行こうと思っています」
「ポカポカと春の暖かさですが、夜は冬を思い出す寒さに春風邪を引かれないようにご注意を」
「世間では新しい事を始めたくなる春の季節、決算業務に四苦八苦する私の春はまだ少し先のようです」

このように活動的になる春、新しいことが始まる春を感じさせる手紙を書くことで、手紙を読んだ相手も思わず引き込まれてしまうことでしょう。本当にたった一文だけでも手紙全体の魅力がグッと増すこと間違いないので、ぜひとも季節感のあるキーワードを入れるようにしてくださいね!

 

締めの言葉は手紙の読み手を登場させるようにしましょう

3月に書く手紙の締めの言葉は相手の健康への気遣いや、再会について書くといいでしょう。読み手の印象の残る締めには、手紙を書いている人ではなく受け取る相手の人を登場させることで記憶に残る手紙になります。

「まだまだ肌寒い日が続くので、どうか春風邪には気をつけてくださいね!」
「庭の桜は3月下旬から花をつけ始めます。ぜひご家族でお花見にどうぞ」
「4月からフランス語を学ぶので今はその準備に追われています!◯◯さんも何か新しい事は始められるんですか?」

このように3月らしさの感じられる手紙になるよう、季節感のあるキーワードを盛り込むようにしましょう。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る