多すぎるとかえって迷惑!?フルーツギフトを選ぶ時の注意点

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
当店のお客様ではないのですが、ネット上でフルーツギフトについての「困った!」という声を見かけました。早速ふむふむ、と読んで見んで問題点と解決方法について思うことがありました。今回の記事は「これからフルーツギフトを贈ってみようかな!?」と検討されている方に有益な内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

「フルーツギフトが贈られてきて困った!」の相談内容

投稿されていた相談内容としては次のようなものです。ざっと箇条書きにしてみましょう。

・みかんを含めて50個のフルーツギフトを受け取った。
・受け取って2ヶ月以上経過しているがまだ食べ切れていないので風味が落ちてきた。
・冷蔵保存したくても引っ越しを控えていてそれは出来ない。
・今後も送られてきそう。

このような状態だそうです。文面から察するに小世帯(もしかしたら独身)で暮らしていた相談者の元へ送られてきたものと思われます。

 

両者の認識のすれ違いか!?

私がこの相談内容を見て思ったこと、それはもしかしたら年配の方が地元のフルーツを送ったのではないか?と思いました。地方だと果物が安く売られていることがあり、数が多くても値段が安く手に入ります。例えば親戚のおじさん、おばさんが田舎に住んでいて、郵送でおいっこ、めいっこに宛てて贈る、というパターンはよく見られます。あなたも親戚からフルーツを受け取った経験がありませんか?

もしも今回の相談内容がこれに当てはまると仮定すると、ある事実が見えてきます。それは贈る側、受け取る側の認識の違いです。贈る側は地元で気軽に手に入るフルーツを大切な人にも楽しんでもらいたい、そういう気持ちでプレゼントしたのではないでしょうか?でも受け取る側にとっては毎日どっさりフルーツを食べる習慣がなく、受け取った分量を消化しきれないで

「もったいない」
「せっかく送ってくれたのに」

と罪悪感を持ってしまっているという感じです。

 

問題はフルーツギフトそのものではなく「数」

認識の違いはどうあれ、とにかく分量を消化しきれずにいるという状況なわけです。さて、これだけを見ると「傷んでしまうフルーツギフトは贈り物によくないのでは?」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。受け取る側からすると食べきれないほどのフルーツギフトが来てしまうと「生物なので消費しなければ…!?」というプレッシャーを感じることでしょう。

でも問題はフルーツギフトが生物であることではなく、分量が多すぎることにあるでしょう。これは例え日持ちするものでも同じことがいえます。私は昨年、お中元に小豆島のおそうめんを頂きました。とってもおいしくて嬉しい贈り物で、夏の間に頑張って食べていたのですがいかんせんあまりにも分量が多すぎて昨年夏だけでは消化しきれませんでした。秋や冬にもちょろちょろと食べるのですが、まだまだ残っています。実は今も台所にしまってあります。そうめんですから腐ってしまうことはありません。でも保管されたそうめんを来年の夏に取り出して「ああ、2016年の夏にもらったおそうめんありがたいなあ」とはならないと思うんですよね。おそらく2017年今年の夏も何かしらお中元を頂くことになります。それがもしもそうめんだった場合に食べきれずに昨年のと併せておそうめんだらけになってしまいます。

このように日持ちするものでも同じものがたくさん来ると、とうてい全部食べきれずに持て余してしまうのです。これは缶詰でも、チョコレートでも同じことが起こるでしょう。

 

相手の家族構成を確認してから贈りましょう!

今回の件は贈る側が相手の家族構成をしっかりと考えれば、贈り物がフルーツギフトであってもまったく問題はなかったと考えます。事実、当店肥後庵のお客様は相手先様の家族構成をよく考えられていて、時々「この詰め合わせは年配夫婦二人で食べ切れますか?」といった相談を受けます。その度に私は「大玉スイカでは分量が多いと感じますので、小玉スイカではいかがでしょうか?」などお客様から状況をお聞きした上でアドバイスをさせて頂いています。

私が考えるフルーツギフトの適切な分量はお届けして2-3回で食べ切れるくらいです。このくらいであれば「全部消費しなければ!」というプレッシャーを感じる分量でもありませんし、風味や鮮度が落ちてしまう前に食べきることが出来ますのでおいしくお召し上がり頂けます。

「あー!おいしかった!!もうなくなったのか。ちょっと名残惜しいけど、また食べたいな!」と思えるようなくらいが満足度が最も高い楽しみ方だと思います。これはフルーツギフトに限った話ではなく、外食でも何でも同じことですよね。お腹いっぱいにパンパンになるまで食べるよりも、腹8分目で留めておくのが一番幸せに感じると思います。

参考になれば幸いです。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください