甘さ1.5倍、皮ごと食べられる国産のともいきバナナとは?

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
日本は何かとガラパゴス進化を遂げる国です。かつてのガラケーや、ギフト文化、そしてフルーツです。海外ではありえないフルーツが日本で続々と登場しています。その一つがなんと、「皮ごと食べられるバナナ」!日本農業新聞の記事で大きく取り上げられていました。

今回は皮ごと食べられるバナナは、どんな点がユニークなのかをご紹介します。

 

99.9%海外産に頼るバナナ

私たちがスーパーなどで日常的に購入しているバナナはその99.9%が海外産です。総輸入量は約110万トンで、その内約8割がフィリピン産となっています。日本人にとっては「バナナ=フィリピン産」という構図が出来上がっています。ちなみに余談となりますが、世界のバナナシェアトップはインド(シェア26.04%)、次点で中国(10.33%)、そしてフィリピン(7.78%)という並びで、世界全体で見るとフィリピン一強というわけではありません(数字の出典はFAOSTAT 2014年より)。そしてインド産のバナナはほとんどが自国消費しており、日本に輸入されていませんので、「バナナ=インド産」というイメージがないのは当然なのです。

さて、日本人の口に入るバナナの99.9%を海外産に頼っているのですが、実は0.01%は国産のバナナなのです。気になる産地は沖縄県と鹿児島県と岡山県です。とはいってもその生産量は極めて少量であり、全国でたったの200トンくらいしかありません。輸入バナナは100万トン以上あるので、その差は圧倒的です。

日本はフルーツ大国ではありますが、バナナについて言えば輸入に頼らざるを得ない状況なのです。

 

海外産フルーツの限界

海外産フルーツには価格が安い、安定して入荷するというメリットがあります。バナナについても、フィリピン以外に多数の国から輸入をしているので価格が急騰することもありませんし、年中スーパーに置いています。

しかし、もちろん海外産には弱点もあります。それは熟成度が低いということと、薬品が散布されているというものです。バナナは黄色に熟した後は、あまり日持ちがしません。しばらく置いておくと「シュガースポット」と呼ばれる黒い斑点が浮き出て、そのタイミングが食べ頃なのですが枝になったまま完熟を待っていると、船便での移動に時間がかかるために持たないのです。そのため、バナナに限らず、マンゴーなどでも実が青く、熟成度の低い状態で日本に入ってきます。また、長い船旅で果実が傷まないように薬品が散布されますから、皮を食べることは安全性を考えると推奨されません。

未熟な状態で収穫し、薬品散布があるのは海外産フルーツの宿命なのです。

 

国産バナナだから皮ごと食べられる

そんなこれまでのバナナ事情をガン無視して登場したのが、皮ごと食べられる「ともいきバナナ」です。

ともいきBIO(バイオ)は18日、独自の凍結解凍技術で育苗し、国内で栽培できるバナナを開発したと発表した。
引用元:日本農業新聞「バナナ 皮ごとパクッ 寒さ・病害虫に強く無農薬 ともいきBIOが販売」

とあります。気になるのが「冷凍解凍技術」という部分、普通は南国でしか栽培できないはずなのですがどういうことでしょうか?凍結解凍技術とは、バナナの種子を凍結させるという「氷河期」を体験させる栽培方法を言います。これにより栽培力が高まり、より甘く、早く育つようになるのです。通常のバナナは苗を植えてから1年半から2年必要なのに対し、このともいきバナナはわずか9ヶ月で収穫ができ、実に半分程度の期間で育つのです。また、通常のバナナの糖度は15度前後であるのに対し、20度以上(ものによっては24度前後)ととても甘いバナナです。無農薬で育てているので、皮ごと食べられるという従来のバナナでは考えられないできになっています。

私はまだともいきバナナは食べたことがありませんが、同じような皮ごと食べられる国産バナナの「もんげーバナナ」を食べた経験があります。もんげーバナナとは岡山県産のバナナで、ともいきバナナと同様に凍結解凍技術で育てたものです。フィリピン産のバナナの皮が分厚く、繊維と渋みが多くてとても食べられません。しかし、国産バナナは皮が薄くて、食べても異物感なく食べられました。皮ごと食べられる、というのはなんとも不思議な感覚がしてしまうのですが、実際に問題なく食べることが出来ました。

 

国産バナナがメジャーになって欲しい

皮ごと食べられる国産バナナはまだまだマイナーで、生産量も極わずかです。値段も1本500-600円以上しますし、そもそも入手経路が限られています。しかし、皮ごと食べられるフルーツのポテンシャルは計り知れません。当店でも扱っている種なし皮ごと食べられるシャインマスカットは、毎年すさまじい人気を博していることからも「フルーツは皮むきや種取りが面倒くさい」という果物離れを起こしている人たちを呼び寄せる力があるのではないかと思っています。特にバナナは日本人の人気ナンバーワンフルーツですので、より甘く、皮ごと食べられるとあれば爆発的な人気が期待できます。

一日も早く国産バナナがメジャー選手になってほしいと願っています。うちの店でも取り扱いたいと思ってしまいました。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る