「どうだった?」ギフトの感想を相手に求めていませんか?

「どうだった?」ギフトの感想を相手に求めていませんか?

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
相手に喜んでもらいたい気持ちで贈り物をする、素晴らしいことですよね!相手が喜んでくれたら、贈り物をした方としても「良かったなあ」と心が暖かくなること間違いありません。

ですが、相手に喜んでもらいたいことを考えてしまうあまりに「あのギフトどうだった?」「どういうところがよかった?」と詳細まで感想を求めてしまう人がいます。ギフトの感想を聞きたいという気持ちは本当によく分かるんですよ。受け取った相手がどんな風に思っているのかは気になりますからね。

 

超えてはいけないラインはここだ!

57
ギフトをその場で開封して中身を見てもらった場合は、後日改めて感想を聞くのは「使い心地や味」程度に留めておきましょう。あまり細部について聞かない方がいいです。

私は先日、ビジネス関係でつきあいのある方へ「ご家族でお召し上がり下さいね」といって老舗店の和菓子とお茶をセットにしてプレゼントしました。その場で中身は和菓子とお茶であることを伝えると、相手に大変喜ばれました。私からはその後感想を求めませんでしたが、後日相手から「両親ともに大変おいしく頂きました!」とお礼の電話を頂きました。ふぅー、とりあえず成功です!

もしも相手が「先日はありがとうございました!」といって中身について何もいわない場合でも「で、味はどうでした?気に入ってもらえましたか?」などと聞いてはいけないんですよね。なぜなら万が一、相手の口に合わないものでも「いえ、まずかったです」とはいえないので、相手に「おいしかったです」と作り笑いとウソを言わせることになりますよね。そうなるとギフトをもらったのに心苦しさを感じてしまうわけです。この場合の正解は「それ以上感想を求めてはいけない」ということです!

 

感想は聞くものではなく、相手からいってもらうもの

58
超えてはいけないライン、ちゃんと見えましたでしょうか 笑?ギフトの感想は詳しく聞くのではなく、本来は相手からいってもらうものです!心に残る素敵な贈り物ができれば、こちらからなにもいわなくても相手からお礼をいって来ますからね。サラッとプレゼントをして感想を深く追求しない方がスマートです。

参考になれば幸いです。ありがとうございます!

<YouTube動画版はこちら>


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る