接待会場の待ち合わせ時間は5分前到着だ!

 

接待会場の待ち合わせ時間は5分前到着だ!
こんにちは!肥後庵の黒坂です。
私は「待ち合わせにはその人の価値観が出る」と思っています。「待ち合わせなんて遅れなければいいんじゃない?」そのように思われがちですが、実はそうではありません!その人の価値観、考え方が待ち合わせに出てしまうんです。それは

・遅刻して相手を待たせる→「あなたを大切に思っていません」
・会場に早く来すぎる→「相手は寛容に自分を受け入れてくれるだろう」

というものです。つまり、待ち合わせ場所に現れる時間で、あなたが相手に対してどのように思っているのかそのまま伝わってしまうわけです。

 

遅刻するのは相手を大切に想っていない証拠

176
飲みの席での遅刻はNG、これは日本に限った話ではありません。私は昔アメリカで生活をしていた事があったのですが、飲みの席での時間は厳しいものでした。びっくりするくらい全員が遅れずにやってきます。日本でよく見る「ちょっと仕事が長引いて…」といいながら遅れてやってくる人は誰もいませんでした。どんなに仕事を抱えていたとしても、うまくやりくりをして遅れずに参加するのが、業務管理できるプロのビジネスマンというものです。それに優先順位が「飲みの約束>仕事」であれば、よほど急を要する仕事でない限りは遅れてしまうことはありえないはずです。それでも遅刻してくるのは「仕事>飲みの約束」という自分優先の何よりの証拠なんです!

 

接待の待ち合わせにあまりに早く来ると相手のメンツを潰します!

 177
まあここまでは理解できる話じゃないですか?「遅刻は絶対にNG!」これは当たり前の話ですよね!しかしその逆「早く来すぎる」というも問題なんです。こちらは意外と理解されていませんが、早すぎる到着は遅刻と同じくらいNGということを理解しましょう!

駅や会場で待ち合わせの約束をする場合、接待でもてなす側は10-15分前に待っているものです。電車の遅延や、道に迷うことを想定してお客様を待たせないように先に待っているのはビジネスマナーの基本中の基本ですからね!ところが接待を受ける側がホストより先に来て待っている姿を見せるとどうなるでしょうか?「今日の接待は喜んでもらうためにしっかりおもてなしをしよう!」と気合の入ったホストの心遣いを粉々に打ち砕いてしまいますよね!もちろん約束の時間より早く来ておく必要はあります。ですが「接待でお客様をもてなす」というホストの顔を立てるためにも、先に来て相手を待っている姿を見せてはいけません。予定時刻よりかなり早くついてしまったのであれば、待ち合わせ場所から少し離れた場所で適当に時間を潰して5分前くらいに現れるのがスマートな対応なんです!

いかがでしょうか?接待の待ち合わせ場所には遅刻も早く行き過ぎるのも等しくNGであることがお分かり頂けたでしょうか?特に早く行きすぎてホストの気遣いをゲストの気遣いでダメにする、というパターンは意外と理解されていませんのでこの点には気をつけるようにしましょう!

<参考リンク>

ビジネス接待マナーやメッセージの文例集、喜ばれる贈り物ヒントがたくさんあります。ぜひご参考下さい。

<PC>肥後庵公式サイト 接待手土産特集ページ

<スマホ>肥後庵公式サイト 接待手土産特集ページ

<YouTube動画版はこちら>


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る