果物にとって台風や大雨は災害か?天の恵みか?

%e6%9e%9c%e7%89%a9%e3%81%ab%e3%81%a8%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%8f%b0%e9%a2%a8%e3%82%84%e5%a4%a7%e9%9b%a8%e3%81%af%e7%81%bd%e5%ae%b3%e3%81%8b%ef%bc%9f%e5%a4%a9%e3%81%ae%e6%81%b5%e3%81%bf%e3%81%8b%ef%bc%9f

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
2016年9月は数多くの台風と大雨に見舞われました。私も連日、横殴りの雨風で朝出かけてはずぶ濡れになり、外出先から帰る時もまた濡れるという事を繰り返していました。

台風や大雨は私のビジネスで取り扱っている「果物」にも大きな大きな影響があります。私の会社では直接フルーツの栽培はしていませんが、契約している生産者さんや市場から仕入れをしています。この時期、彼らから台風の話を聞かない日はありません。

「台風で梨が落下してしまったので数が少ない」
「今年は台風が来たけれどハウスが飛ばされずに済んだ」
「長雨で出来のよいメロンが少ない」

と言った具合です。果物は一日で作られるものではありません。朝早くからせっせとお世話をして、虫や鳥から果実を守り、天候に気を使い、何ヶ月も手塩にかけて育てたものが流通に乗ってようやく私たちの口に入ります。

 

愛情込めて育てた果物を土に埋める生産者たち

 373
大型の台風がやってきたことでせっかく実をつけたリンゴが落ちてしまい、全体の76%を土に埋めたという生産者の話を聞いた事があります。毎日一生懸命頑張って手間ひまと愛情かけて育ててきた果物を土に埋める時の気持ちを考えると、辛かっただろうなと私も胸が苦しくなります。

落下して傷んでしまったり、形が悪くなった果物を「加工用」「自宅向けワケアリ用」として出荷する生産者もいます。それを聞くと「捨てずに活用できて良かった!」と思いがちですが、生産者の多くは作った果物を市場に卸していて、果物を加工する工場を持っていたり、ワケアリ用としての販路を持っていません。結局、地面に落下してしまった果物は破棄するしかない、というのが実状なんです。

 

果物が落下して被害を受けるのは「日本人全員」

374
果物が落下してしまい、売り物にならずに破棄してしまう事で涙を飲むことになるのは、生産者だけではありません。実は私もあなたもみんなが影響を受けます。

昨年の2015年の秋に来た大型台風で、熊本県の梨の多くが落下しました。その影響を受けて仕入れている契約農家や市場では仕入れ価格が高くなってしまい、結果として肥後庵でも販売価格を上げざるを得ませんでした。お値打ち価格でご提供することが肥後庵のミッションであり、価値の提供と考えているので可能な限り金額を抑えましたが、それでも限界があります。特に肥後庵で取り扱っている果物は全て高級贈答用なので、収穫された中でもその数は少ないので、台風や大雨の影響を受けると余計に仕入れる事が出来る数は減ってしまいますからね。

そして一般消費者は値段があがった果物を食べる事になります。あなたは夏が終わり、秋が始まる頃に「なんだか果物や野菜の値段が高いなあ」と思われたことがありませんか?実はその理由は大抵大雨や台風の影響で収穫数が少なくなり、金額が上がってしまったのがその理由です。つまり、生産者、販売会社(肥後庵)、消費者(あなた)の全員に影響があるわけです。

 

台風や大雨は自然の恵み

375

「台風や大雨なんてろくなことがない。ない方がいいに決まっている!」という意見を聞くことがあります。なるほど、確かに一理あるかもしれません。あなたもご存知の通り、日本は自然災害大国と呼ばれており地震や津波、噴火や豪雪など台風や大雨以外にも数多くの被害に見舞われていますからね。そう思うのは無理もないでしょう。特に台風が来ることで手塩にかけて育てた果物が落下し、死活問題になる生産者にとっては尚更そうでしょうね。

ですが、私はそれでもあえて主張したいことがあります。それは台風や大雨は悪ではなく、「自然の恵み」というもう一つの顔を持っているということです!海外では他国から飲料水を輸入しているところもありますが、日本は水資源が非常に豊かです。「水不足だ」と騒がれる事はあっても、あなたはこれまでの人生で蛇口から水が出なくなってしまった経験はなかったはずです。なぜかというとそれは台風や大雨が水を運んでくれているからです。

果物はほとんどが「水分」です。その品質を決めるのは天候や土壌、生産技術など色んな要素がありますが実は水も重要な決め手となります。肥沃で栄養豊富な水を使って栽培しているからこそ、日本の果物はとてもおいしくて栄養や酵素がたっぷりです!

自然災害、というのは台風や大雨の一面に過ぎません。日本から台風や大雨がまったく来なくなってしまったら今のようにおいしい高品質の果物に囲まれた生活を送ることは出来ません!もちろん自然災害の被害を受けた生産者の方の気持ちを考えると、とても気の毒であることは間違いありません。でもだからといって自然災害すべてが悪いわけではなく、その恵みにも目を向けて感謝することが大事なのかなと思っています。

今回のこの記事をお届けするのはとても迷いましたが、これまであなたが持っていた考え方と違った意見も何かの気づきにお役立ち頂けるかもしれないと考え、思い切って書いてみました。参考になれば幸いです。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る