受け取った側は冷めているかも!?こんなあけおめメールはNGだ!

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
受け取ってうれしいあけおめメール。私もとっくに大人になっているのですが、今でも新年を迎え、あけおめメールが届くとそりゃあもう嬉しいものです!張り切っていつもより3倍増しの長文メールで返信を出してしまいますね!

特にあけおめメールはお正月を迎えてゆったり、のんびりとした空気の中で読んでいるので普段受け取るメールよりも印象や記憶に残りやすいものです。…ということはですよ?残念感のあるあけおめメールを送ってしまうとそれも強く記憶に残ってしまう、ということでもあるわけです。それだけはなんとしても避けて欲しい!そう思って筆を走らせています。でもご安心を!最後まで読んで頂ければそんなNGあけおめメールを送ることはありません!

 

止めよう!年越しの瞬間0時00分の送信!

昔から必ず話題に上がる「年越しの瞬間の送信は控えましょう」という呼びかけ。送信しても0時から30分間は送信遅延になる携帯キャリアもあるようです。これは大勢の人が一斉に「あけましておめでとう~!」とメールをすることでネットワーク混雑を招くのを避けるための措置のようです。

さて、そんなあけおめメールですが、携帯キャリアの言うとおり30分から1時間ずらして送るようにして下さい。0時00分ジャストに送信して、運良く(?)送信遅延にならずに届いたとしてそれで受け取り側の印象はどうなるでしょうか?「この人年越しの瞬間にメールをくれてうれしい!」とはあんまりならないと思いませんか?マナーや礼儀に厳しい人だと「送信を控えようといわれているのに!」と悪印象を持つ方もいるでしょう。0時00分にあけおめメールを送ること自体に意味はなく、送信側の自己満足です。ですので、送信するなら必ず時間をずらして送るようにしてくださいね!

 

注意!一斉送信感が伝わったら台無し!

あけおめメールは1月1日0時にメールを送信することに意味があるのではなく、受け取って楽しいメールではじめて意味がある、そう思いませんか?「あけおめ!ことよろ」と書いても受け取る人は1秒後にはメールを閉じてしまうでしょう。そうではなく、受け取って嬉しいものにするために臨場感がある、カウントダウンを楽しく過ごしている様子が伝わるものになることが大事です。

そんなあけおめメールですが、注意して欲しいポイントがあります。特に「一斉送信している感」がグイグイ伝わってしまうような送り方です。例えばToにたくさんの知らないメールアドレスが入っているは絶対にNG!自分のアドレスも知らない人に伝わっている気持ち悪さが出てしまうので絶対に避けましょう!文章も100%定型文そのまんま、というのも残念感があります。

 

「あけおめ!ことよろ!」しか書いていない

年越しのメールを誰よりもいち早く送ることに情熱を傾け「あけましておめでとう!今年もよろしく!」としか書いていない人がいます。

でもあけおめしかないならむしろ送らない方がいいです!なぜかって考えてみると、あけおめというのは定型挨拶であり、そこには手間もかかっていませんし、もらって嬉しい言葉などもありません。

日常でメールを送る時に「こんにちは!」としか書かずに送る人っていませんよね?もしあなたがそのようなメールを受け取ったらどう思うでしょうか?

「え?よく意味が分からないんだけど…」
「もしかして作成途中で間違って送ってしまったのかな?」

と不安にかられますよね?だからそんなメールを送る人はあまりいないのですが、「あけましておめでとう!」としか書かないメールはこれと同じメールなわけです。受け取った人は「ああ、OK」と思って取り出した携帯を再びポケットに入れて終わりです。下手をすると「ちゃんとメールを出来ない人だ」とマイナス評価をくだされてしまいます!

たった一文だけでもいいので本文を書いてくださいね!「あけましておめでとう!カウントダウンは友達と一緒に京都のお寺にいってます!今年もよろしくね!」だけでも構いません。挨拶だけしか書かないメールは送らないようにしてくださいね!

いかがでしょうか?誰もがお正月は縁起良く、楽しく過ごしたいと思っています。そんな時にマナー違反をかましてしまうと、後々にまで「あの人はメールマナーがなってない」と印象を残してしまいます!「たかがあけおめメールでしょ」と思わずにあけおめメールだからこそ、マナーを守って楽しいメールにしてくださいね!


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください