[スマートな対応]年賀状を出していない相手から届いた!その時の対応にあなたが出る

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
1月1日の元旦が過ぎ、あなたのお手元には年賀状が届いたどうでしょうか?一枚一枚手にとって「あ!この人今年もくれたな~律儀でありがたいな!」という思わず笑顔になってしまうものや「たくさん来たと思ったら会員カードを作っていたお店のセール年賀状だった…」と一瞬膨らんだ期待が「スゥーッ」と空気が抜けた風船のようにしぼんでしまった人もいるのではありませんか?

そんな年賀状ですが一番ドキッとするのが「こちらが出していない人から送られてきた」という場合です。そうですよね?あなたも一枚、いやもしくは二枚はあったと思います。「うわっ、後で書こうと思っていて結局出しそびれていた人から送られてきた…」という年賀状が。

そんな時に一番やってはいけないのは「早く返事を出そう!…(年賀状を買ってきた)えーっとうっかり忘れていたということにするかな。“年賀状を書くのを忘れていました。大変申し訳ございません。”と、それから…」と何も考えずに書き始めてしまう対応です。情報は力なり、知っていればスマートで大人な対応になります。今回ご紹介したいと思います!

 

落ち着いて下さい。年内に出した年賀状は元旦以降も届きます

  

元旦を出していない相手から年賀状が届き「うおー!早く書かないとー!」と体が熱くなり、頭が沸騰してしまう前にまずは落ち着きましょう。大丈夫、まずはあなたに知っておいてもらいたい事があるので冷静に話を聞いて下さい。

それは「年内に出した年賀状は全部が元旦に届くわけではない」という事実です。元旦を迎えて年賀状を受け取る側になるとすっかり忘れてしまいがちですが、例えば私のように年末忙しすぎてうっかり一枚年賀状を出すのを忘れていたのを大晦日に思い出し、慌てて投函した、という人もいるわけです。31日に出すと元旦には届きませんからね!

年賀状は年内に出しても投函が遅くなると元旦以降にも届きます。ちなみに1月2日は年賀状の配達はお休みなので、たいてい3日に届くことになります。でも受け取る側に立って考えてみると3日に届いても別に失礼だとは思わないですよね?まずはこのことを理解して下さい。

 

年内に投函したように見せる!

さあこの点を踏まえて一番オススメしたい方法があります。それは「3日に届くように出す」という方法です。

元旦のポストの最終集荷に間に合えば3日に届きます。ということは相手に3日に届けば年内に出したのか元旦に出したのは分かることはありません!ですので年賀状にお詫びの言葉も入れなくて大丈夫だ、ということです。

この方法が一番スマートで大人な対応といえます。あたかも年内に出しましたー!と風で出すわけです。

 

1月7日までは年賀状扱いです!

元旦から1月7日までを「松の内」といいます。門松やしめ縄などお正月の飾り付けをするアレです。家やお寺に飾られているのを見ているだけでお正月のゆる~い雰囲気が漂うから不思議ですよね!

さて、もう元旦を過ぎてしまい「いやいや、今から投函してももう3が日には届かないよ!」とかえって焦りが止まらない状態になってしまった方はどうか深呼吸を。実はハガキが年賀状扱いとして、消印が押されない期間は7日まであります。つまり、お正月のゆる~い雰囲気漂う7日まで「届くハガキは年賀状ですよ」ということです。

ここからは私の個人的な意見で一般的に言われていることとは違う部分もありますが…私は7日までに届くように出すなら別に失礼にはならないと思うんですよね。生活系の情報サイトで「一言お詫びをしましょう」とか「失礼のないように」と言われていますが、松の内までのお正月な空気バリバリの中で届く年賀状扱いのハガキが届いて本当に失礼に思う人はそんなにたくさんいるでしょうか?ほとんどの人は受け取ってただただ嬉しいと思うんですよね。松の内までに届くように出すなら非礼へのお詫びを強調する必要はなく、「あけましておめでとう~!」と明るく元気よく書けばいいと思っています。逆にごめんなさい…と年始早々に謝られるとかえって気をつかうと思うんですよ。

確かに世の中には色んな人がいます。約束の時間3分前(遅れていませんよ!)に現れると「待ち合わせ時間は最低でも10分前に来るべきだ!」と怒り出す人もいます(経験者)。「その通りだ!むしろ30分前に現れるのが待ち合わせだ!」と思う人もいるかもしれませんし、「いやいやちゃんと間に合うように来たんだから全然失礼じゃないよ!」という人もいるでしょう?世の中の全ての人を満足させるために行動するというなら、それはもうキリがないと思うんですよね。

確かに元旦に年賀状が届いて怒り出す人はいないのでベストは元旦に年賀状が届くことです。でもそれが目的になって年賀状を出すのが億劫になってしまったり、やたらとお詫びを強調してしまったりすることが年賀状を受け取る相手にとっていいことなのかな?と思うわけです。

いかがだったでしょうか?ベストは元旦の最終集荷時間に間に合うように書き、それ以降は松の内までに届けばそんなに気にしないで出せばOKというお話でした。参考になれば幸いです。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください