~言葉は心を映し出す鏡~春が待ち遠しい2月の手紙を書くポイント

%ef%bd%9e%e8%a8%80%e8%91%89%e3%81%af%e5%bf%83%e3%82%92%e6%98%a0%e3%81%97%e5%87%ba%e3%81%99%e9%8f%a1%ef%bd%9e%e6%98%a5%e3%81%8c%e5%be%85%e3%81%a1%e9%81%a0%e3%81%97%e3%81%842%e6%9c%88%e3%81%ae%e6%89%8b

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
2月という季節は冬の厳しい寒さまっただ中にありながら春を待つ、という季節です。前半はまだまだ真冬という印象が強いですが、後半ともなると冷たい風の中に春を感じる瞬間が出て来るとても趣深い月といえるでしょう。手紙を書く上ではそんな繊細な肌感覚をどこまで文章で表現できるかが問われます。細やかな心遣いを表現することで手紙の受け取り手は「純粋で感受性の高い人だな」と驚きを与えることができるでしょう。2月のキーワードを下記にと紹介していきます。

「(花の)つぼみ」
「バレンタインデー」
「豆まき」
「恵方巻き」
「東京マラソン」
「立春」

2月は他の月に比べて行事はそれほどたくさんありませんが、微妙な気温の変化や春の訪れを表現することで読んでいる相手が心弾む手紙となります。

 

2月らしさのある手紙の書き出し

 471

それではご紹介したキーワードや気温の微妙な変化を手紙に書き出してみましょう!毎回お決まりの退屈な挨拶がたちまち続きを読みたくなるような魅力あふれる手紙へと昇華させることが出来ます。

「ずっと続くと錯覚するような底冷えする日々でしたが、つい先日パッと照る日差しの中に春を感じました」
「世間の学生さんは大学受験に格闘している季節ですが、私は30粒以上ある節分の豆と格闘する日々を過ごしています」
「街がすっかりバレンタインデーの恋で温まる頃、私は風邪を引いてポカポカと温まりすぎてしまいました」

2月らしさのイベントや厳しい冬の寒さ、春の訪れを感じる感受性をいかに表現できるか?手紙の書き出しでうまく書くだけでとても季節感のあるメッセージになりますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

 

待ち焦がれる春への気持ちを書こう!

470

2月になると寒さに耐え忍ぶ残り期間は後1ヶ月間。寒い日が続くけれどもお互い春を待ち望んでいる、という気持ちが同じ方向を向いている事を書いて締めると一体感が感じられます。

「そちらは娘さんと豆まきを楽しむことが出来ましたか?春の訪れとともに幸福が訪れますように」
「暦の上では立春ですが、まだしばらくは厳しい寒さが続きます。どうかご自愛ください」
「外の寒さはバレンタインデーの成功で一気に吹き飛ばそう!恋の春が実るようお祈りしているからね!」

手紙はともすれば毎回同じ書き出し、同じ締めになりがちです。季節感を出すなら何といっても最初と最後が肝心ですので参考になれば幸いです。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください