ギフトメッセージはその時の思い出が詰まった心のアルバム

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
頂いたギフトにメッセージがついているのを見るだけで、一気にテンションがドカンと上がりますよね!私は頂いたギフトメッセージは大切に残しています。時々読み返しては「ああ、この時は嬉しかったなあ」とか「ビックリして何回もお礼をいったっけ」と思い出に浸る時間があります。あなたも頂いたギフトについていたメッセージを手元に残していませんか?あるならば時々、それを読み返してギフトをもらった時のことを思い出してみて下さい。

今回はギフトにつけたメッセージは、受け取った後にかけがえのない心のアルバムになるという話をします。

 

アナログの方がデジタルより保存性に優れている

 

デジタルのデータというのは永遠のようでいて実はそうではありません。デジタルデータ自体は永遠でもそれを保管する容器(CDやDVD、ブルーレイディスク等)は何重にもバックアップを取らなければ消えてしまうことがあります。私たちはデジタルデータをあまりにも信用してしまっているために、いざ消失するとその分量は膨大なものになります。あの有名な「トイストーリー2」は完成する前にアニメーションデータは制作途中に消失してしまった、という話もあります。

皮肉な事にデジタルデータよりも紀元前の古代エジプト文明時代に書かれた壁画の象形文字は未だにくっきりと残っていますからね。デジタルとアナログ、実はアナログの方がデジタルより保存性に優れている、とすら思えてしまいます。

 

メールやSNSは流れ、見えなくなってしまうもの

メールやSNSにもらって嬉しかったメッセージを残している人は結構多いと思います。あなたのスマホやガラケーにも保護をして残しているメールがありませんか?「これは絶対に消したくない」と思っていつまでも大切に残っているメッセージが。

携帯の機種変更や、利用しているメールサービスが終了してしまうとあっけなく全てが消えてしまいます。もちろんハードディスクに保存することはできますが、一度データフォルダの奥底にしまってしまうと普段から整理していない限り取り出すことは容易ではありません。

特に最近はSNSなどの投稿も活発で受け取るメッセージやデータは次々と最新のものと置き換わり、流れては消えていきます。あなたにも「あの時もらったメッセージをもう一度読みたいけど、どこかにいってしまって見つけられないでいる」という経験がありますよね?

そもそも受信メールやSNSの投稿ではそんな心温まるメッセージがあったことも時間の経過とともに忘れてしまうものです。

 

ギフトメッセージは心を記録できる

ところが手書きや印刷したメッセージはバインダーに閉じておけば、天災に見舞われない限り勝手に消えてしまうことはありません。本棚に何年、何十年にも渡ってずっと静かに眠り続けています。「あ、そういえば」とふと思い出した時に本棚から引っ張り出して開いてみればたちまちその手紙を受け取った時の空気が再生されます。投影される映像な脳の中、そこには当時のままの皆がいるはずです。その時の匂いや雰囲気、メッセージを受け取った時の紙の手触りなどすべてが紙に染み込んでいます。

メッセージというのは受け取ったその時にももちろん嬉しいものなのですが、何より後からグッと来る心のアルバムになるものです。記録を残すのは動画や写真が万能であり、こと情報量においては言葉は映像に及ばないような感覚を持ってしまいがちです。でも実はそれ大きな間違いです!実際のところ、私は言葉の刻まれたメッセージは時に映像にはできない情報を伝える力があるものです。それが「人の想い」です。

 

言葉は人の想いを伝えてくれる

動画や写真でも人の感情は伝わってきますよね?声や表情を見れば楽しいとか、盛り上がっていることはすぐに分かります。でもその時に感じていた想いは映像だけでは分からないものがあります。

でも受け取ったメッセージを読み返してみるとその時の感動が色鮮やかに蘇ります。一緒に渡されたギフトの包みを開く時のドキドキした気持ちや、自分に当てた言葉が嬉しくて何度も読み返した思い出など、こうしたものは映像を見ても思い出せないのに、なぜか手紙を読んでいると記憶が蘇ってくるものですよね。

人の想いは言葉として発せられます。そして発せられた言葉が相手に届くことで気持ちが温かくなったり、嬉しくなったりするものです。

 

あなたが贈るギフトとメッセージは相手のアルバムになる

ギフトを贈る側にとってはメッセージはそれほど強い思い入れや考えがないかもしれません。「せっかくだしメッセージをつけておこう」という軽い気持ちなのかもしれませんが、それを受け取る相手にとっては感情を揺さぶり、後々になっても素晴らしい心のアルバムになるものです。ですので、ギフトには必ずメッセージをつけて贈ってあげましょう!相手の心にいつまでも刻まれるアルバムになりますから。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る