何度も読み返されるV.S.二度と読まれない~相手に共感されるメッセージを書こう!

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
あなたは人と人がコミュニケーションを取る上での「共感」にどんなイメージがあるでしょうか?

「女性同士の会話で求められるもの?」
「何気ない友達とも会話かなー!?」

と漠然とこんな印象を受けるでしょうか?共感は対面でのおしゃべりだけでなく、実は文章を書く上でもめちゃめちゃ重要な要素です。特に相手に気持ちを伝えるギフトメッセージとなると共感されるメッセージは超重要!これ抜きにして喜ばれるギフトメッセージは書けないといっても過言ではありません!

せっかくギフトで良いものを贈っていても、ギフトメッセージが共感できないものだと、受け取った相手に「嬉しい!」という気持ちも沸き起こりません

あなたはギフトメッセージを書く時に共感を呼ぶ文章を書けているでしょうか!?

 

人は自分の分からない話には共感できない生き物だ

 

お酒の席で失笑を買う話って色々とありますよね?

あなたは「オレは昔、めちゃめちゃワルだったんだぜ!」という男性の武勇伝ってどう思いますか?仕事の同僚や上司相手だと酒の席を盛り上げるわけにはいかないので、「へーすごーい!悪かったのね!」と反応するものの、心の中では完全に失笑していますよね?(特に女性に対してのウケはめちゃめちゃ悪いですね)

また、あなたが男性であれば女性の

「最近ネイルいってきてさ~」
「後3kg痩せないから今年こそはヨガやるの!」

という話にゲンナリした経験はありませんか?

これってなんで失笑を買ったり、ゲンナリしてしまうか分かりますか?それは話を聞く相手の世界にない話をしているからです。昔不良だったと言われても話を聞く相手が真面目な優等生タイプだったら、そんな人を学校で見たことがないので想像も出来なければ何も感じられないわけです。廊下でタバコを吸ったり、バイクに乗った話を聞いてもその様子をまったく想像できず、話が心に響きません。

シンプルに言うと「相手に分からない話はするな」ということです。武勇伝と同じく、ネイルをしない男性にネイルサロンの話をしても分からないじゃないですか?人は自分の分からない話には共感できない生き物です。

もちろん、これを読んでいるあなたはそんな痛い人ではないので、よく分かっていると思います。でもこと手紙やギフトメッセージを書く段になるといきなり自分の話全開になってしまう人が意外に多いんですよ。

 

南国の人に雪かきの話をしていませんか?

あなたには南国に住んでいる友人はいますか?海外でなくても国内の沖縄県で結構です。ご存知の通り、基本的に沖縄県に雪は降りません。そんな方に「いやあ、最近雪が多くて雪かきが大変だよ」と話をするでしょうか?…しませんよね?「雪のことは知ってるけど、どのくらいすごいのかイマイチよくわからん…」となって「へー」としか返しようがありませんからね。

この喩えを見ても「自分はそんなことは書いていないから大丈夫」と思うかもしれませんね!でもこちらはどうでしょうか?↓↓↓

子供のいない相手に、子育ての苦労ばかりを書いていませんか?
子育てに忙しい相手に、仕事を頑張っている話を書きまくっていませんか?

…もしもぎくりとなったら黄色信号ですよ!一応相手は「そうなんだ、大変そうだね!」と返してくれますが、共感を得られなければ水が流れるようにたちまち相手の記憶から消えてなくなってしまいます。

人は自分の事を分かってもらおうとついつ一生懸命自分の話をしてしまいがちです。もちろん自分の話をすることは何も問題はありません。気をつけることは「自分の事を話す分量」ではなく「話す内容」です。ギフトメッセージで自分の近況報告を書く時は相手の共感できる話を書くようにしましょう!

 

メッセージでネガティブな話題はご法度!

すいません、もう一つだけ注意点について話をさせて下さい。共感できる話、といっても基本的にネガティブな話題はNGと理解しましょう!

私は昔、回答に困るギフトメッセージを受け取った経験があります。ある時、遠方に住む友人からお誕生日プレゼントを郵送で受け取りました。受け取った時はそりゃあとてもうれしいと思いましたね!ギフトメッセージにはこんなことが書いていました。

「お誕生日おめでとう!最近どうしてる?僕は3回も風邪を引いたよ。多分呪われているんだと思う。仕事も叱られてばかりで毎日辛いことばかりだけどなんとか生きています。黒坂さんはうまくやっていることでしょう。頑張ってね!」という趣旨でした。

私はお誕生日プレゼントを受け取ったことのお礼を、電話や対面で「ありがとう!」と伝えたのですが、その際に当然、色んな話題をするわけです。ネガティブな話題を振られていたので、それについて触れないわけにもいきません。

「風邪を引いて大変だったね」
「仕事きついの?大丈夫??」

といった具合に。そういった話をすると相手もそれに関連して「そうそう辛くてしんどかった」みたいになるので、その場の空気が落ち込んでしまうじゃないですか。ネガティブな話題を出すと読み手を心配させますし、お礼をいう時に困ることになります。また、そうした手紙は後で読み返したいとは思わないですよね?

ギフトメッセージにはネガティブなことは書かない!これをしっかりと覚えておいてください!

 

相手の理解できる話をしてください!

色々と話を書きましたが特に難しい事をいっているわけではありません。内容はポジティブにする。相手との共通の話題を書く、理解できない話はしない。とこんな具合です。

嬉しい、楽しいといった感情が動くような内容を書きましょう!そうすることで相手から共感を得る手紙になりますし、もう一度読もう!と思われる手紙にすることが出来ます。


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください