これ気づいていますか?→「旬のフルーツ盛り合わせをお届け! ※ただし海外産」

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
日本人はもちろん、時代とともに世界的な健康意識の高まりを感じる情報をよく目にします。

先日は「一粒2400円の日本産のいちごを香港の富裕層が買い漁っている」という記事を取り上げました。香港の人たちは一般的に中国本土由来のフルーツを口にするのですが、一部の人たちは「健康不安があるから」と超割高ともいえる日本産の果物を買っているわけです(私も今後、自分の店のフルーツを海外輸出に挑戦しようとしているところです!)。

また、こちらの記事では意識調査の結果を取り上げているのですが、食材の購入や外食では価格や手軽さより健康を優先する人が多いことが分かります。「健康>価格>利便性」日本人の健康志向の高まりは本物だった!

あなたは自分を健康志向だと思っていますか?…おっとこれは愚問ですね。わざわざこの文章を読んでいるくらいですから、確実に健康に関心が高いことは間違いありませんね。当店肥後庵のお客様もギフトにフルーツを選ばれる方々ですから、健康には人一倍関心が高い方ばかりです。

…でも意外と日本人の健康志向って、チグハグのように感じることが少なくないんですよね~。「日本食は低カロリーだよね!」と言いながら豆腐に醤油をドバドバかけていたり、アメリカやヨーロッパの食生活と比べると、白米やパンや麺類など炭水化物を多く食べていたりします。特に果物についてはちょっと疑問ですね。「健康的でおいしいから」ということで、日常的に果物をよく食べる方でも「産地」に全然こだわらない方もいて、こりゃいかんと思ってこの記事を書いています。

 

果物であれば何でもいいのですか?

 

あなたはフルーツ定期便とか、旬のフルーツ盛り合わせを自分用に買ったり、贈り物にしたことがありませんか?私は自分の店舗で取り扱っているのもあって、よその業者さんのサービスも興味津々でチェックしているのですが…時々「んー??なんか変だぞ」と思うことがあります。

先日、よその業者さんで「オフィスで健康的なフルーツを食べませんか?毎月旬の果物を盛り合わせにしてお届けします」というサービスを見ました。これは素晴らしい提案です!少ない人員で仕事が忙しくて残業を余儀なくされる職場は少なくありません。その結果、菓子パンやお菓子を夕食代わりに仕事をしている人も多いでしょう(あなたはどうでしょうか?)。お菓子やパンには脂肪や糖質、保存料などがたくさん入っているので、その代わりにフルーツを食べましょう!という提案には思わず私も「いいね!」と言いたくなってしまうくらいです。

ところが、その業者さんの出しているフルーツを見てひっくり返りそうになりました。「旬のフルーツ」といいながらも、

バナナ
オレンジ
グレープフルーツ
いちご
キウイ
マンゴー

などが全て海外産でした。確かに海外の旬の時期に収穫されたフルーツを入れている、これならウソではないですが「海外産だけど、果物だから健康的ですよー!」と言わんばかりのグイグイ押し付けられる主張には思わず首をかしげてしまいましたね。デカデカと「旬のフルーツ!」とキャッチコピーが書いてあるのですが、端っこに小さい字で「※ただし海外産」とあるわけですよ。このサイトのフルーツ定期便を見た人は「お!旬のフルーツの定期便とはいいね!」とミスリード(誤解)させてしまう販売になっていないか?と感じてしまいました。

 

スーパーと同じ品質のフルーツ定期便を買っていませんか?

果物盛り合わせをオフィスに届けるというのは、自分で買ってオフィスへ持っていくより手間入らずで喜ばれるサービスかもしれません。しかし、「健康やおいしい果物をお届けします!」と謳うのであれば海外産フルーツばかりを詰め合わせていることに私は「いいね!」はいえません。

誤解しないでくださいね。私は決して海外産のフルーツをディスっているわけではありません。例えばバナナは栄養価も高く、甘くて食べやすい果物ですが国産のバナナはほとんど手に入りません!その気になれば国産バナナもあるにはあります。岡山県では超珍しい国産バナナの栽培をしているのですが…でも1本1000円以上するみたいです。それを1房100円で買うことができるのは、日本と気候が大きく異なるフィリピンの農家が頑張ってくれているからです!

まあバナナは例外として、国産でもたくさん出回っている

マンゴー
オレンジ
いちご

こういった果物まで海外産にしてしまうのは、健康と味の面で疑問が残りますね。例えば妊婦はアメリカ産のグレープフルーツやオレンジを食べると危険!という主張をあちこちで見ます。農薬残量や食べる前に洗うなどで安全性を高められる、といわれていますし個人差もあるのでハッキリと断定は出来ません。しかし、そうは言われても何も気にせずにアメリカ産のグレープフルーツやオレンジをガツガツ食べられる妊婦さんはどのくらいいるでしょうか?

海外産のフルーツに対しては色んな主張が入り乱れているものの、不透明な部分がかなり残っていて心から「安心安全」とは言い切れない部分が残ります。

 

未熟と完熟のフルーツは別物

それから肝心の味についても基本的に「国産と海外産フルーツは別物」と考えて下さい。同じフルーツと名前がついていても別です別!どう違うかというと海外産のフルーツは基本的に完熟ではなく「すべて未熟」なんですよ。

スーパーに並んでいるマンゴーを見てみて下さい。「メキシコ産」となっているマンゴーは見た感じ普通においしそうに見えます。でも枝から切り離された時は青々とした状態で収穫されています。それが船に揺られてここ日本に到着し、スーパーに並ぶ頃に「追熟」といって身が柔らかくなって食べ頃を迎えることであなたがよく見るあの見てくれになっています。

一方、国産のマンゴーはどうかというと例えば肥後庵でお出ししているマンゴーは「完熟」です。マンゴーが樹になった状態で完熟させ、自然に「ポトリ」と樹から離れてしまうまで100%完熟させます。重力に従って地面に激突すると果実が傷んでしまうので、ふんわり受け止めるネットを用意しているわけです。同じ熟するのでも実が枝についたまま完熟するのと、追熟するのでは充実具合は全然違います。当然、完熟させる方が味も栄養価も高いものとなります。

 

フルーツ盛り合わせや定期便を買う時は「産地」をチェックしてください

あなたがこれからフルーツ盛り合わせや定期便を買う時には、産地をチェックするようにしてみて下さい。海外産であれば旬のタイミングで栄養や味が充実したものを期待して、「旬」とついているものを買っても、思ったほどおいしさや健康面に優れていない可能性があります。

もちろん、当店肥後庵では100%国産(一部除きすべて熊本県産)です。あなたがフルーツに何を求めるか?次第ですが良いものを買うならば旬の「国産」フルーツをおすすめします!

<参考リンク>

高級フルーツ詰め合わせ ギフト用定期便の栽培法へのこだわり、特徴などの情報が満載です。ぜひご参考下さい。

肥後庵公式サイト 高級フルーツ詰め合わせ ギフト用定期便特集ページ


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る