消えていく虚礼ギフト、盛況のプチギフト

消えていく虚礼ギフト、盛況のプチギフト

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
お中元、お歳暮ギフトは年々縮小傾向にあると言われていますね。統計的に見てその流れは間違いではなく、法人のお中元・お歳暮ギフトで過去5年間で数%程度が減少しています。これは経営体力に余裕がなくなったことで、贈り物をしなくなったということでしょうか?いえいえ、実はそうではありません。原因は別にあるんですよ!

 

なくなっていく虚礼ギフトや社交辞令ギフト

182
「贈り物をすれば契約を延長してもらえるかもしれない」
「取引を有利に勧めてもらえるだろう」

そんな見返りを期待して贈り物をする「虚礼ギフト」「社交辞令ギフト」が減ってきていると見る声がありますが、私も同じ意見ですね!もちろんお中元・お歳暮そのものは素晴らしい日本の文化であり、年に2回の感謝の気持ちを伝える贈り物です。そうではなく「相手からの見返りを期待したお中元、お歳暮が減った」と考えるべきでしょう。虚礼や社交辞令で贈り物をする会社は減る一方で、お祝いの気持ちで気軽に、カジュアルに贈り物をするプチギフトが増えて来たのです!

 

プチギフトは盛況!

206
見返りを期待して贈るお中元やお歳暮を贈る会社は減ったものの、盛況なのが「プチギフト」です!プチギフトはお中元、お歳暮のように贈る時期が決まっているものではなく、ちょっとしたお祝いやお礼の気持ちで贈るプレゼントです。

「知り合いの社長が本を出版したお祝いにプチギフトを贈った」
「お世話になった取引先の重役へにお茶の贈り物をした」
「素晴らしい接待をしてもらったのでお返しにフルーツギフトを贈った」

と、こうしたプチギフトはとても盛況だということです。これらは決して高額な贈り物ではなく、金額はせいぜい2-3,000円といったどちらかというと少額。それでも人間関係を円滑にし、つなぎ留めるために積極的にプチギフトを使っている人は昔に比べてむしろ増えているんです!

 

ギフトの文化はこれからも続いていく

259
相手からの見返りを期待したいわゆる「虚礼ギフト」や「社交辞令ギフト」は影を潜め、お世話になっている感謝を伝えたい、心から祝福をしたいという「気持ちの伝わる贈り物」をより気軽にする流れになっています。これは「相手に喜んでもらう」「感謝の気持ちを伝える」ということを目的としたギフトの本質に立ち返ったプレゼントです!そう、心の入っていない贈り物は影を潜め、ギフト本来のあり方に気づき始めたんです!

人の心が失われていると「無縁社会」が叫ばれていますが、そんなことはありません!やっぱりいつの時代も人はギフトを通じて心を伝え、関係を維持する文化は消えていなかったわけです!

参考になれば幸いです。

<YouTube動画版はこちら>


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る