~言葉は心を映し出す鏡~ 5月の新緑のきらめきを表現しよう!

~言葉は心を映し出す鏡~5月の新緑きらめきを表現しよう!
こんにちは!肥後庵の黒坂です。
あっという間に桜の季節は終わり、色の濃い新緑の季節になりましたね!
5月は春が終わり、ゴールデンウィークの連休、母の日とイベントが続いていきます。ぽかぽかと穏やかな陽光の中に力強い日差しが混じり始め、いよいよ「初夏」という言葉通りの季節となります。

初夏を感じられるような5月の手紙はどのように書けばいいのでしょうか?一緒に見ていきましょう!

 

手紙には5月らしさを感じられる表現を入れよう!

131
手紙は「元気ですか?」と年中いつでも使えるものではなく、5月という季節感のある表現を入れるようにしましょう!「青空」「緑葉」「ゴールデンウィーク」「こいのぼり」などがそうです。

「晴れの日は汗ばむ季節ですね」
「近所でこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます」
「ゴールデンウィークはどこかお出かけになりましたか?」

こうした表現を手紙に入れることで読んだ相手は思わず「春が終わってもうすっかり5月なんだなあ」と感じられることでしょう。手紙に情緒豊かな季節感を表現することで、読んだ相手の気持ちを動かすことができます!

 

手紙を出すタイミングで使い分ける表現!

130
5月のメッセージは手紙を出すタイミングによって使用する表現が違ってきます。

<上旬>
・いよいよゴールデンウィークが始まりますが、どこかお出かけになりますか?
・ゆく春を惜しむ間もなく目に眩しい緑葉の季節ですね

<中旬>
・朝夕の油断できない冷え込みで着ていく服に迷うこの季節、お互い風邪など引かないようにしましょうね
・窓を開けると庭を抜ける風がとてもさわやかです

<下旬>
・5月も終わりが間近となり、日中はすっかり汗ばむ陽気となりました
・きらめく緑葉と陽光の中に夏らしさを感じます

など過ぎゆく春惜しむ言葉から夏の始まりへと変わっていく季節感を表現してみましょう!

 

<YouTube動画版はこちら>


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください