ブランドいちごの王様・あまおうの値段はなぜあんなに高いのか?

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
日本人のほとんどの人が知っている圧倒的な知名度を誇る「あまおう」。知名度、ブランド力、品質のどれをとってもまさにいちごの王様といえるでしょう。

びっくりおいしい!熊本県のブランドいちご・ひのしずく

の記事の中でもお話をしましたが、私もひのしずくを取り扱う前にひのしずくは知らなかったのにあまおうは知っていました(笑)。ひのしずくには「ごめんね、こんなにも魅力的なのに気づいてあげられなくて…」と毎日心の中で手を合わせていますが、それにしてもあまおうの知名度の高さには舌を巻くものがあります。

そんなあまおうですが、知名度の高さももちろん、そのお値段もハイグレードないちごとして広く知られています。激安スーパーで売られているいちごは1パック300gでだいたい300円、我らが熊本のひのしずくは300gで1,000~1,200円、そしてあまおうは大体1,500円~2,000円くらいです。世の中にはもっと高額ないちごはあり(1粒700円というのも!?)、決してあまおうが日本一高いいちごではないのですが、確かにあまおうは他の高級いちごと比較するとかなり高額に位置するいちごですね。

いちご
(300g)
激安いちご 熊本・ひのしずく 博多・あまおう
価格 300円前後 1,000~1,200円 1,500円~2,000円

今回はなぜあまおうはそんなに高額なのか?という事についてビジネス上の理由を取り上げてお話したいと思います!

 

あまおうが誇る圧倒的な知名度

 

栃木県の「とちおとめ」は関東では知名度がありますが、関西には流通量はほとんどなくその為にあまり知っている人もいません。また、香川県の「さぬき姫」は関西の人にはなじみがありますが、関東で知っている人は相当なフルーツ好きだけでしょう。

さてさて、博多の「あまおう」はというとこれは話が違ってきます!あまおうは日本全国あらゆるところにまで流通していますし、知名度も他のいちごと比べると圧倒的にナンバーワン!これは異論のないところだと思います。知名度が高く、あらゆるところに流通しているというのは「おいしいいちごが欲しい」ではなく「あまおうが欲しい」と指名買いをしてでも「欲しい!」と思う人がいる事を意味します。結果的に値段が高くても売れるわけです。

 

値段が高い事に価値があるから

世の中は「値段が高い方=価値がある」と見なされ、より欲しいと思われる商品があります。例えばブランド品などがこれにあたりますね!ルイヴィトンのバッグやベンツ、リッツカールトンホテルなどはどうでしょうか?その他の激安バッグ、中古軽自動車、安いビジネスホテルと比べて明らかに値段が高いのは高い事に価値を感じて売れていくわけです(ブランド品は商品・サービスの質そのものも高い事が高価な理由ですが…)。ブランド品は値段が高いからこそ、多くの人が持たない(持てない)ので、持っている人は特別感を得ることができ、そこに価値を見出す人が喜んでお金を支払うわけです。あまおうも同じです。「値段が高い=価値が高い」と思う人間心理がそこにあります。普段はスーパーのいちごを楽しんでいる人がギフトで高級いちごをもらったら特別感、非日常感がありますよね。「こんなにいいものを頂けるなんて!」と感激します。ブランド品は高い事そのものに価値がある、ということです。

余談:以前、カフェにいった私は食後のデザートに「あまおうを使ったいちごパフェ」を注文してしまいました。最初は「濃厚チョコレートパフェ」にしようか迷っていましたが、値段が一番高いパフェだった事が選択した理由でした。私も「一番高いパフェだからおいしいだろう」と考えて注文してしまったわけです。確かにおいしいパフェでした!

 

卓越したJA福岡のマーケティング力

それからあまおうを抱えている福岡県の努力があります。

「ひのしずく」
「紅ほっぺ」
「熊本VS03(仮称)」
「さがほのか」

と4つも高級イチゴを取り扱っている熊本と異なり、JA福岡は「あまおう」一択です。そしてあまおうは販売後、わずか数年後にはその味わいやネーミングの良さが受けてあっという間に消費者の心を掴んでしまいました。

あまおうが出る前は世間で高級イチゴは今ほど確立された存在ではありませんでした。大粒でも色むらがあったり、おいしいけどデコボコしていたりというのは普通で、いちごというのはそういうフルーツだと思われていたわけです。そこへ色鮮やかで粒ぞろい、味もおいしく、ネーミングセンスもいいあまおうが名乗り出て、あっという間に人気が出てしまいました。ひとたびその名が知れると後はみんなが「あまおうが欲しい」とその名前を指名買いするようになります。一度確立したブランド力は根強い力強さがあり、今ではあまおうより品質の良いより安価ないちごもありますが、依然としてあまおうの人気は根強いものがあります。これにはJA福岡のマーケティング力抜きには語れません。

 

あまおう以外のいちごにも目を向けて見ませんか?

ブランド力でナンバーワンの座を築いたあまおう、多くの人が羨望の眼差しを送り続け、値段の高さをご理解頂けたでしょうか?しかし、ここまであまおうの魅力についてご理解頂いたあなたへ今回私からワンメッセージがあります。それは「あまおう以外にも目を向けてみませんか?」ということです。

私はこれまでビジネスでもプライベートでも色んないちごを食べてきましたが、確かにあまおうはおいしいいちごに間違いありません。ですが、今ではあまおうに負けないおいしいいちごがたくさんあります。当店で取り扱っているひのしずくもその一つです。ひのしずくはあまおうとは違ったおいしさや魅力があります。人生80年、長い時間を生きていくわけですから、いちご一つとっても色んないちごを食べてみて「世の中にはこんないちごもあったのか!」「甘いだけでなくちょっぴり酸味もおいしいな!」といったそれぞれのおいしさや驚きを楽しまれるのも良いのかなと思っています。参考になれば幸いです。

<参考リンク>

朝摘みいちごの栽培法へのこだわり、特徴などの情報が満載です。ぜひご参考下さい。

<PC>肥後庵公式サイト 朝摘みいちご特集ページ

<スマホ>肥後庵公式サイト 朝摘みいちご特集ページ


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る