結婚式のフラッシュモブ騒動を考える。結局誰が悪かったのか?

結婚式のフラッシュモブ騒動を考える。結局誰が悪かったのか?

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
Yahoo知恵袋に「結婚式で大嫌いなフラッシュモブをされて離婚を考えている」と投稿された内容が話題を呼んでいます。夫には事前にフラッシュモブが嫌いであることを伝えていたにも関わらず、スタッフや友人によってフラッシュモブが行われたそうです。新婦はあまりのショックで披露宴は記念写真なしでお開き、二次会も欠席になったとか。ネット上の反応は

「フラッシュモブくらいで離婚か」
「盛り上げようとしてくれたのに」

という夫の方を持つ側の意見と

「嫌だといっていたフラッシュモブを無理やりやる神経が分からない」
「フラッシュモブなんて自己満足だ!」

という妻を支持する意見に分かれていますね。黒坂が今回の騒動について考えを述べてみましょう!

 

フラッシュモブはまだ市民権を得ていない

207
フラッシュモブは2003年にニューヨークで始まったのがきっかけだそうで、日本でその名前が聞かれるようになったのは2012年の羽田空港で行われた「東北支援チャリティーイベント」からだそうです。

フラッシュモブ(英: flash mob)とは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為(Wikipedia)

日本では「フラッシュモブ」という言葉自体も知らない人が多く、まだまだ市民権を得ていないというのが実状です。

フラッシュモブは好みがハッキリ分かれます!それは日本だけではなく海外でも同じことです。フラッシュモブでプロポーズをして彼女は大泣きして大失敗…これは日本に限った話じゃないんですよ。派手好きなイメージのあるアメリカ人でも失敗しているのですから、日本ではうまくいくパターンの方が少ないのは当たり前でしょうね。

 

結婚式は新郎新婦とゲストのみんなで作るもの

208
女性にとって結婚式は一生に一度の大イベントです!晴れやかな姿を両親や友人に見てもらい、祝福してもらうことをずっと夢見て来たという人はたくさんいるでしょう。色んな立場や関係者の人が来る結婚式ですが、すべての参加者は新郎新婦が選んでいるのですから、オープンに見える結婚式は意外とクローズな場といえるでしょうね。親密性の高い人たちを一堂に集めたパーティーを静かに、厳かに執り行いたいというのが一般的な考えでしょう。

それを派手な音楽と踊りでガラリと雰囲気を変えてしまうのがフラッシュモブです。フラッシュモブが起こった時点で、それはもう結婚式という真面目で神聖な空気ではなくなってしまうと思うんですよ。前置きが長くなりましたが、私は結婚式にフラッシュモブは絶対にNGだと思います。二次会や別の機会で大騒ぎを良しとする場であればフラッシュモブのような盛り上げ方はありなのかもしれません!

今回の騒動は新郎新婦がふたりともフラッシュモブにOKしたとしても、私は「NG」を出したいですね。なぜなら会場には両親や兄弟、親族や友人などが来ているわけですよね?特に両親は大切な我が子一斉の晴れ舞台をうるうるした目で見守っているのですから、そこでいきなりふざけた雰囲気に変えられてしまっては「せっかくの結婚式がぶち壊された」とショックを受けてしまうと思うんですよね。

「盛り上がればいい」というのは「周囲も同じように盛り上がってくれるだろう」という甘えだと思うんですよ。式に来て頂いている方へ最大限のおもてなしをするのであれば、大騒ぎするというやり方ではなく、式の内容にこだわるべきですよ。動画の質をあげるとか、両親への手紙を感動的なものにするとか。

フラッシュモブ自体を否定しているわけではなく、何事も相手へのおもてなしの心を忘れてはいけないという考えです。

 

<YouTube動画版はこちら>


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る