自作曲のプレゼントで失敗しない方法は?

自作曲のプレゼントで失敗しない方法は?

こんにちは!肥後庵の黒坂です。とっておきのプレゼントとして大切な人へ自作曲を捧げた結果「ドン引きした!」という悲しい結末を迎えた話、これって昔からずーっとあります。同じ想いを込めたプレゼントとして手作りの思い出アルバムや、メッセージカードはめちゃめちゃ喜ばれるのに、なぜ自作曲はドン引きされるのか?どうやったら喜ばれるのか?ということについて考えてみましょう!

 

自作曲はメインギフトではなく、おまけにしておこう!

48
誕生日やクリスマス、プレゼントには並々ならぬ期待をしている相手に、「俺の歌を捧げるぜ!」とメインギフトにしてしまうと大失敗します。なぜなら受け取る側の期待値を自作曲が上回ることは「ほぼ0%に近い」からなんですね。「夜景の見えるレストランで静かにディナー体験より、歌をプレゼントして欲しい!」という人がいるとはなかなか考えられませんよね?(プロのアーティストなら別ですが)

自作曲で滑らないようにするには「メインギフトにするのではなく、おまけに留めておきましょう!」ということです。メインギフトでしっかり喜ばれていれば、おまけも笑顔で受け取ってもらえるでしょう。「まずは相手が喜ぶものをプレゼントする!」それが喜ばれるギフトの大前提のルールです!


生演奏やCDではなく、カラオケにしておくのがいい

49
それからくれぐれも「今から君に曲を捧げる。聞いてくれ!」といっていきなり歌い始めるのはやめておきましょう!その場での生演奏や生歌は、あなたがプロのアーティストでない限りは止めておいた方がいいでしょう 笑。聴かされる側は「これってどうリアクションしたらいいかな?」とめちゃめちゃ相手に気を使わせてしまいますからね!特に1体1だと更にきついです 笑。

また、CDを渡して「これ聴いて感想を聞かせて!」というのもNGです!これまた受け取る側に「なんとコメントしたらいいのかな?」と無難なコメントの方法をネット検索させてしまいます。

両者に共通しているのは「一方的な想いの空回り!」ということです。どうしても歌を聞かせたいならカラオケに行き、普通の歌をたくさん歌った後にしましょう!これなら聴く側もリラックスして聞けるかもしれませんよね。これも「メインギフト」ではなくあくまで「おまけ」としての考え方です。

いかがでしょうか?歌をプレゼントというのは昔からずーっと続く失敗の多いギフトの一つです。確かに失敗は多いのですが、やり方を工夫して聴く側に最大限の配慮をすることで「自分に対する想いは伝わったよ!」と喜んでもらえるかもしれません。

<YouTube動画版はこちら>


肥後庵の喜ばれる贈り物メルマガ





「読んで楽しく、お客様の役に立つ情報」をお届けする「肥後庵新聞」。よく見られる「売り込み感満載のメールが毎日高頻度で送りつけてくる。退会方法も分かりにくい」というものではありません。とにかくお客様の求める情報を日々考え、必要性のあるものだけを厳選しています。万が一、お客様に合わない場合は購読解除をして頂くことで即配信を停止致しますのでご安心ください。

<購読内容>

配信ペース:1ヶ月に1度(配信頻度が低いから煩わしくありません)
読 解 時 間:1通わずか5分前後(スマホからでも快適に読めます)
購 読 料 金:無料

<下記のような方におすすめ>
・肥後庵からの新着情報を受け取りたい方。
・心の伝わる文章のヒントが欲しくてお悩みの方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高級果物ギフト「 水菓子 肥後庵」代表

フルーツギフト・贈り物の高級果物専門店「肥後庵」の通販サイトを創業。日々のビジネスの中で培ったギフトノウハウやマナー、心遣いなどを発信しています!一般常識やしきたりにとらわれない「本当に心から喜ばれるギフト」の真理に挑戦しています!

>>>プロフィールを詳しく見る